私が高校生の時の話です。
夏休みが終わって、フランス旅行から帰ってきた。

先生が旅の話をしてくれました。

先生:「エッフェル塔も良かったけど、一番印象に残っているのは、のみの市で買ったアンティークの掛け時計かな」

その時計というのが、ものすごく美しく、先生は一目ぼれをしてしまったとのこと。
新婚の奥さんも気に入ってくれて、いい買い物になるはずだった。
ところが、その時計、振り子もチャイムも付いてるのに、何時間立ってもなんの音も鳴らない。

先生:「壊れてんのかな?」

・・・しかしその日の夜、思いがけずその時計は鳴り出した。

午前二時。
先生がお世話になっていた宿泊先のホストファミリー達も起きだしてしまった。

そして時計は鳴り止み、また規則正しく時を刻み始めた。
次の日も、また午前二時に時計は鳴り出した。

「夜の二時にしかならない、変な時計を買っちゃったというわけだよ」で、さすがにホストファミリーも気味悪がったので、先生は時計屋さんにその時計を持っていった。

「ちゃんと毎時間鳴るようにして」

そう言うと・・・時計屋は「悪いけど、家ではその時計は扱えない。よそに持ってってくれ」と冷たく言い放ったそうだ。
そして帰ろうとした先生に向けて一言・・・「まあ、よそでも無理だと思うけどね」と。

仕方なく先生は時計を持って日本へ帰国。
しかし、修理代としてとんでもない値段をつけられたので、日本の店でも、時計を直すことをあきらめたそうだ。

それでいいかげん奥さんもその時計を嫌がりだした。

先生の奥さん:「それのせいで二時になると目が覚めちゃうのよ!」

しかし、電池をはずそうにも、なぜか電池を入れる場所が見当たらない・・・。

気味悪くなった先生は、仕方なく時計を梱包して捨てたそうだ。

この話、何が怖いって、例の夜二時になると鳴り出す音楽。
先生がみんなにせがまれて歌って聞かせたのだが・・・「いやー!!!」と女子たちが大騒ぎ。
男子も固まっていた。

文字で表現できないが、悪魔が作曲したような、気味の悪いメロディーだった。
そかもそれがオルゴール調なんだそうで・・・。
未だに頭からその曲が離れません。