この話は私が実際に体験した話ではないですが、私のいる周りで起きた話です。

今からどれくらい前になるでしょうか・・・6,7年前の私がまだ高校2年の時の話です。
修学旅行で長野県のある旅館に宿泊することになったのです。
季節は冬、修学旅行の内容はスキーでした。

修学旅行に行く前、私はT先生から気になる話を聞いていたのです。
その話とは「前の学年も同じ場所に修学旅行に行ったのだが、その旅館で霊現象が起こった」というものでした。
どういう霊現象なのか問いつめてみると、部屋の角、テレビの置いてある場所の後ろから「バチッ!!バチッ!バチバチバチッ!!」と、音がしたそうです。

最初はテレビの調子が悪いか、壊れてしまったか、考えてたそうです。
すると・・今度は違う角から、同じ音がするのです。

「バチッ!バチバチッ!!」

そこには、テレビも音の発生するようなものは無い。
するとまた、違う角から「バチッ!」っと、最終的には、その部屋全体がバチバチうるさいほどのラップ音が、鳴り響いていたらしいです。

T先生は「お前達が泊まる旅館は、前の学年とは違う向かい側の旅館だから、たぶん大丈夫だろう」と、言っていました。
大丈夫なら、ここに投稿してませんが・・・。

修学旅行何日目だったでしょうか・・・。
ある部屋の生徒がT先生に相談があると話かけてきました。
T先生は、生徒同士のささいな問題だと最初は思っていたのですが・・・。

生徒:「先生・・・ちょっと部屋変えてほしいんやけど・・・・」

T先生:「どうしたんや・・・?」

生徒:「実は・・・信じてもらわれへんかもしれんけど、夜、寝てる時に、帽子をかぶった中年位の男の人が、窓にへばりついて、部屋を覗いてんねん・・・・他の奴は気づいてないらしいねんけど・・・俺・・・怖くて寝られへん・・・」

スキーの出来る季節の冬の夜中に、いくら悪趣味とはいえ、男子生徒の部屋を覗く!?
その生徒の部屋は4階にあるにもかかわらず・・・人間業ではない・・・。

T先生は生徒達の混乱を防ぐ為、その生徒に他の生徒には他言してはいけないと、伝えたそうです。
しばらくして、一時間も経っていない時に、違う生徒がまたT先生に相談があると言ってきたのです。
その内容を聞いて、T先生は驚いたそうです。

生徒:「夜、帽子をかぶった男が、窓にぴったり、へばりついて部屋を覗いている。気持ち悪くて寝れないから、部屋を変えてほしい・・・」という、内容でした。
前の生徒に聞いてみても、他の生徒には言っていないという・・・。

T先生はふと気づきました。
最初に部屋を変えて欲しいと言ってきた生徒の部屋と、次に部屋を変えて欲しいと言った生徒の部屋。
階は違うが、最初に部屋を変えて欲しいと言ってきた生徒の真下の部屋が、次に部屋を変えて欲しいと言ってきた生徒の部屋だったのです。
これはちょっとやばいかも・・・T先生はそう思ったそうです。

人間というものは、「決して言ってはならない」と言われると、言ってしまいたくなる生き物なのだろうか・・・。
二人の生徒と、T先生しか知らないあの、「窓の男」・・・。
いつのまにか、他のクラスの生徒にまで知られてしまっていた。

興味本位や、あそび心で来る生徒がほとんどである。
やれ、どのへんで見たの?とか、どんな奴だったとか・・・。
部屋の生徒たちは、野次馬達にうんざりしていただろう。
そのうちの、何人目かの女子のグループの中のSさんに異変が起きた。

その「窓の男」の出る部屋に行ってから、頭痛が止まらないという。
しまいには、高熱を出してしまった。
医者に見てもらっても、原因がわからないという・・・。
しばらくの間、安静にしておくことの対処しか、医者にもできなかった。

しばらくした後、Sさんの友達がT先生のところに来た。
もう、夜中である。
Sさんが、なにやらおかしいので、見てほしいとのことだった。

Sさんのいる部屋を開ける・・・。
Sさんが、なにやら、ぼそぼそつぶやいている。
T先生はSさんを見た瞬間に、霊に憑依されているのが一目で分かったという・・。

後で聞いた話なのだが、T先生の母親は、霊媒関係の仕事をしており、T先生も人より霊感が強かったのである。
T先生は、Sさんを助けるため、したこともない除霊を試みた。

T先生:「お願いです、なんの恨みがあるのかわかりませんが、この子(Sさん)には何の罪もありません。
どうかこの子から離れ、成仏して下さい」

Sさんの手を握りしめ、懸命に祈った・・・。
すると・・・。

Sさん:「お前には、無理だ!」

T先生と周りの友達は、驚愕した。
そのSさんの声は紛れもなく、男の声だったからである。

T先生は、それでも一生懸命祈り、除霊をした。
ようやく霊も去ったのか、Sさんはもとにもどった。
楽しい?修学旅行も終わり、帰りのバスの中での事・・・・。

T先生が、生徒達に色々説明している。
「トイレは早めに行っておけ」だとか、「あまり騒がしくするな」とか・・・。
でも、なにかいつものT先生とは、違う・・・。
一人の生徒がそれに気づいた。

T先生は、全くとして右側を見ないで、生徒に説明をしていたのである。
右側・・・何があるのだろう・・・ふと、その生徒は右側後ろを振り返った。

なんと、あの窓にへばりつく男が、バスの窓にしがみついているではないか!!!
そう、・・・最悪の事態である。
憑いて来ているのだ・・・。
このあと、この生徒達は、身を寄せ合いながら、無事に帰路についた。

ある日の学校・・・・。
Sさんは、こともなげに、こう言った・・・。

「今でも、あの男の人(窓の男)家にあそびにくるねん・・・女の人と子供連れて・・・」