小学生の頃の話。

おいらンちは山奥にあり、当時から廃屋が多かった。
ある日、弟(当時小3)が近所の子らと三人でと廃屋探検したのさ。

その日は茅葺きの廃屋に行ったそうだが、そこは別に恐く無い。
何故なら壁とか戸板が全部崩壊してて、外から丸見えだったからね。

探検って何してたんかは知らんが、ま、子供の頃だし、当時(20年以上前)はTVゲームとかの娯楽なんか無いし、遊ぶって言ってもそンくらいしかなかったしね。

それで探検の途中に女の子(小2)が突然行方不明・・・。
弟ともう一人の子(男、小2)はわけが分からず唖然・・・。
二人して探し回ったけど見つからん・・・。

「ヤベェ!どうする!親に知らせンなンっ!!」

・・・パニクってたら近くから女の子の声がした。
床板のスキマからだ!

どうやら腐ってた床板を踏み抜いて落っこちたらしい。
ホっと安堵した二人は女の子を助けに行ったが、そこで彼等が見たのは・・・胸元まで糞尿に埋まって泣きじゃくる女の子の姿だった。

教訓、廃屋探検する時は足下に御注意を。

しばらくの間は『ボットン女』というアダ名で呼ばれてたらしい。