就職して会社の新人歓迎の会で、深夜2:00過ぎ頃帰宅中の話。

当時住んでたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、また人通りもほとんどなく、私はビクビクしながら一人帰宅していた。

やっと自分のマンションが見えホッとしたところ、向こう側から女の人が歩いてきました。
その女の人がなんというか・・・フラフラっという感じで、とても不自然な出てき方?に感じたのを覚えています。
さほど気にもとめずマンションに入ろうとすると、その女性がマンションの入口近くに路注してあったワゴンにぶつかって、ドタっと倒れました。
よく見るとその女性は、サングラスに白い杖を持っていました。

私が慌てて駆け寄って「大丈夫ですか?」と助け起こすと、その女性は全くもってハッキリしないくぐもった小さな声で「大丈夫」ということをボソボソ言っていた。

まだ20代の女性でやっぱり眼が不自由と思われ、こんな深夜に大変だろうと「どちらへ行かれるんですか?」と尋ねた。

するとその女性は、「この近くの友人のマンションを訪ねるつもりだったが、迷ってしまった」みたいなことをまたボソボソと言った。
それから「今自分がどこにいるのか分からなくなってしまった、この近くなのでよかったら連れて行ってほしい」と頼まれました。

私は「いいですよ。」と手を差し伸べると、「じゃあ、腕を組んで連れて行って下さい」と急に元気になったその女性と歩き出しました。

私達は腕を組んで歩き始めました。
「どんなものが見えるか」としきりに女性が尋ね「では左へ」「その次を右へ」と深夜の住宅地を腕を組まれ歩いていました。

その時、車が正面より通り過ぎていってライトがあたった瞬間、その女性が明らかに私の表情をうかがっている様子でこちらを見ているような眼がサングラスの中に見えました。

何かこの女性が疑わしいのと自分が置かれている状況にはじめて恐怖がやってきました。
ですが、本当に眼の不自由な人だったらという良心の呵責もあり2人でたっぷり15分は歩きました。

その道中、その女性が話す内容が以下。
「今から尋ねるのは私と同じ障害者です」
「その子はまだ小学生で、両腕が無くなってしまいました」
「ずっと落ち込んでいるのでセーターを編んであげたのだが、腕の部分をどういう風にしたらいいか迷った」
など、クリ-チャ-な話題満載で、私は人生初めての恐怖にもう泣きそうになって必死で相槌をうってました。
連れて行かれるところはドンドン人気のない暗い方向です。

いよいよ格闘のことまで考え無口になっていると、急にその女性は「ここらあたりのはずです。マンションの名前を言ってください。」と言い、私が「○○○マンションです。」というと「ここでいいです。どうもありがとう」とあっさり解放してくれました。

『しまった!!やっぱり私の勘違いだった。』と、恥ずかしく思いましたが、冷静になるにつれてどうしても変だと思い、どうしても気になり、そのマンションが見える角路地で入口を隠れて見ていました。

するとものの1分もしないうちにさっきの女性が降りてきます。
しかも階段をスタスタ軽やかに・・・。

やぱっり悪戯だったのか!と、文句を言いに出て行こうとしたとき、もう一人誰か階段から降りてきました。
その男性は20代後半くらいでものすごく太っていて、なんと両腕がない人でした。
その2人は誰かを待っているようにきょろきょろして、何かボソボソ話しているようですが聞こえません。
するとその女性が急に男性のトレーナーを引きちぎるように脱がせ始めました!
両腕のない男性は抵抗しているようでしたが、あっさり脱がされました。

遠目にでもその人の腕のない肩の断面や、あまりの突然のすざまじい光景に、私は涙をボロボロこぼしながら、でも必死で声を出さずに見ていました。
逃げ出したかったのですが、脚がすくんでいるのと見つかって追いかけたらという恐怖で動けません。

男の人は上半身裸で地面を転がりながら何か叫んでいます。
すると女性はバックから魔法瓶?のようなものを取り出し、男性になにか液体をジャボジャボかけ始めました。
湯気が見えたので、そうとうHOTなのがわかりもうすごい絶叫なのですが、近所からは誰も出てきません。
私はもう恐怖に耐えられなくなり走って逃げ出しました。
幸い追ってこられてはなく、夢中で自分のマンションに逃げ込み、一晩中半泣きで過ごしました。

あれは何だったのでしょうか・・・。

誰か同じような人に出会った人いますか?
もう6年前の話です。

後日談ですが、もうそのことがあってから2年くらい経過して、私もすっかり恐怖を忘れたころ、あるデパートでエスカレーターに乗っていました。
最上階に向かっている途中、途中の階のフロア-になぜだか目に飛び込んでくる人物がありました。

歩きながら本当に一瞬その人影を見ると、あの女性です。
全く同じ服装でサングラス。
間違いなかったです。
白い杖は持っていなかったのですが、今度は女性の片腕がありませんでした。
女性は私の方に気づいている様子もなく、自分の足元を見ていました。

その先にはベビーカーがあり、その中の赤ちゃんにもう1つの腕で何かしようとしている。
そばのお母さんは商品棚の方を向いていて全く気づいていない。

その光景が写真のように眼に焼きついていて、意識するより体がエスカレーターを駆け上っていました。
エレベーターで降りダッシュで自宅へ帰り、またもや半泣きでした。
もう、あのような人とはどんな形でも関わりたくなく。
赤ちゃんの事が心配でしたが、誰にも話しませんでした。

いつかまたどこかで会いそうな気がして鬱です。