神奈川県鶴見区での話。
大した話じゃないし、表現力も足りてないと自覚してるが体験した話を少々。

一昨年の夏の平日の出来事です。
その日、早朝、車通勤途中で通ろうとした裏道の十字路で事故があったみたいで、手前で警官が通行止めと迂回の指示。
それに従い、そのまま仕事場に向かった。
その時は、何の気にも留めてなかった。

残業の為夜遅く仕事が終わり帰宅途中、朝の事故を思い出したが、流石に12時間以上経ってるし交通規制はありえないだろうと思い、帰り道に通って帰ろうとした。

夜遅いから誰もいないし優先道路だから十字路を突っ切っる。
ふとバックミラーで十字路を見ると街灯に照らされてか、真っ赤に染まっていたんだ。

一瞬ビク!!!!ってなったが、街灯の色が赤っぽい色(オレンジ)だったんだと、確認しなかったが、その時は納得した。

帰宅後、疑問に思いながらも仕事場が変わるから、しばらく通る機会もないと考え忘れることに。

それから、しばらく経って忘れたころにその道を通った。
朝はいつも通りに順調に通勤。
問題が起きたのは夜。

夜に通った時に前の事を思い出した。
街灯の光の色を見たときに震えが起きた

街灯の光は白かったんだ。
それだけならよかった。
十字路を突っ切って、止せばいいのにバックミラーを視ちゃったんだ。

そこに映ってたのは・・・真っ赤な十字路と、そこに立つ人の影。

それ以来いくら急いでても、その道だけは夜に通るのをやめました。