僕、もともと子供の頃から霊感があるっていうんじゃなく、23歳から霊が見えるようになりはじめたんですね。
結構僕、POPに見えてしまうんですね。

友達とかと歩いていると、人とぶつかりそうになったんで、「すみません」って言うと、友達から、「誰にだよ」って言われたり。
それで、あー違ったんかいとか・・・家の扉の間の細いとこから、おっさんが覗いてたりとか。

すごいなと思ったのは、台所をガラガラって開けると、女の人がいたんですけど、向こうが「うわっ!」て言ったんです。

そういう事もあって、向こうは常に怖がらせようとしている訳じゃないんですよね。

知人:「シックスセンスみたいな話?」
僕:「あれは確実に見えてる人が作ってます。」

それで、仕事終わりで僕が帰ってる時に、橋の上にサラリーマンの方がいらっしゃったんですね。
若干その方は透けている方だったんですけど・・・橋の下をぼーっと見ていたんです。
これでは話しにならんなあ・・・と。

それで僕、話しかけてみようと思ったんです。

「何してるんですか?」って僕が話しかけに行ったんです。
そしたら、ぐわーって僕の事を睨んだんですよ。

この人は話しかけちゃいけなかった人だなって思った瞬間に、ちょっとだけ意識がとんだんです。

あれ?って思った次の瞬間に、襟元を誰かにひっぱられたんです。
なになに?って思った瞬間に、僕は、橋の上で転んだんです。

すると、別の普通のサラリーマンが、「なにしてるんですか?」って聞いてきて、そしたら、僕が意識が飛んでいる間に橋の上から飛び降りようとしていたそうんなんです。

そのサラリーマンの人が僕を引っ張ってくれなかったら、僕はその橋の上から飛び降りてたんです・・・。