当時高校生だった頃の話。

私には自称霊が見えるDQNな友人Yがいました。
Yは虚言癖があり、素行が悪かったのですが、性格が底抜けに明るく、遠方にも友人が多かったので、田舎者で親が厳しい私は、話を聞いたりするのが楽しみでほとんど毎日一緒に居ました。

そんなYが、ある飲み会で知り合ったSと言う男性に恋をしたと話すようになりました。
Sさんも霊感があるらしく意気投合したそうです。
そのSさんは霊が居るところでは右目だけから涙が出たり、7歳ころからずっと部屋の窓際に後姿の女性の霊が居る、という話を聞かされていました。
正直霊など見たことも感じたことも無いので聞き流していました。

ある晩にYから「Sさんとドライブに行くから一緒に行かんね?」と誘われました。
親が厳しく夜間の外出ができない家庭でしたが、Yの恋する相手を一目見たくて一緒に行くことにしました。
Sさんは所謂好青年な感じの男性で、DQN好きなYのタイプとは正反対の方でした。
行先も決めずにブラブラする感じのドライブでしたが、楽しそうに話すYを余所にSさんは、しきりに「あれ?あれ?」を小声で連呼していました。
あまり遅くまで出歩くと親にバレそうで怖かったので、早々と私は家に帰していただきました。

それから数日後に見知らぬ番号から着信がありました。
出てみるとSさんで、『急にごめんけど、確認したいことがあるから会えない?』とのことでした。

Sさんと合流し、またブラブラとドライブしたのですが、一向に会話が無く何を確認したいんだと不思議に思っていると、急に「やっぱり!」と大きな声で笑い出しました。
突然のことに驚いていると、Sさんから、「この前のドライブの時に、A(私)が乗ってる時だけ霊が見えなくなってて、涙も出なかったわけ。でもA降ろしたらまた見え始めたから、もしかしてと思って今日確認しに来たんだけど、やっぱり見えない!」と伝えられました。

そしてSさんは、いつも仕事や出先でよく通る道や建物に怖い奴が居るので、時間が合うならボディーガードとして付いてきて来てほしい、バイト代は出すとのことを打診してきました。
Yには申し訳なかったのですが、バイト代という単語に目がくらみOKしました。

それからというもの色んなところに駆り出され、いつしか周りからはSさんの彼女だと勘違いされるようになっていました。

そんなある晩、自室で電気もつけずに携帯をいじっていたら、カーテンだけで仕切っている隣の姉の部屋で、姉がゴソゴソ何かを探しているシルエットが映りました。
あまりにも必死に探しているように見えたので、カーテンをちょっと捲って「何探してんの?」と聞くと、姉の部屋には誰もいません・・・。

確かに何の物音もしなかったし、見間違え?と半ば自分に言い聞かせるようにまた携帯をいじりました。
するとすぐに、姉の部屋に誰かが入ってきたシルエットが映りました。

今度は見間違いじゃない!!

そう確信して、「姉でありますように」と祈りながら恐る恐るカーテンを捲ると、また誰もいませんでした。
その瞬間両足首に強烈な痛みが走り、声も出ないくらい痛く涙が溢れてきました。

するとSさんから着信が入り、助けを乞うために電話に出ました。
用件を聞く前に泣きながら「助けて下さい・・足痛いー」と伝えると、『A落ち着いて聞いて。俺の部屋に女の霊が居るってきいたことあるよね?』と話し始めました。

私:「はい。・・ていうか痛いってば・・」

Sさん:『そいつが今日帰ったら居ないわけ。もしかしたら・・Aのところに行ってる・・・』

痛みと恐怖で息もできないくらい泣いていると、『もうすぐ着くから外に来て』と言って電話を切られました。
這うように何とか外に出るとSさんが到着し、「俺が浮かれて一緒に居すぎてAに嫉妬したのかも・・・。ほんとにごめん!!連れて帰るから!」と塩を渡されました。

Sさんが帰ると同時に足の痛みも消え、すぐさま部屋に塩をまき散らしました。
それからSさんとは二度と連絡を取るまいと、着信もメールも拒否しました。

Yにはバイトの事情も話していたので、Sさんのことは咎められませんでした。
それ以前にSさんと会うたびに夜中に外から呼ばれたり、霊媒師だった祖母の遺影を倒されたりと不吉なことが続くから、「自分も会いたくなかったんだよね~」と笑ってました。

もう何年も前の話ですが、Sさんにはまだ女の霊が付き添ってるのか、結婚できるのか、他人ごとながら時折思い出しては心配です。