特に怖くないと思うが、俺自身は洒落にならないくらい怖いと思った話。

俺は介護施設で働いてるんだが、一ヶ月程前に精神疾患と診断されてるお婆さんが入所したんだ。
お婆さんと言ってもまだ60代後半で頭もしっかりしてるし、これといって問題のある人には見えなかった。
受け答えもかなりしっかりしてたし、他の職員も、精神疾患と診断されてるなんて嘘みたいだと話してた。

その人が入所したのは午前中だったんだが、特にこれといった問題はなかった。

その日、俺は夜勤だったんだが、深夜2時頃にナースコールがあって訪室したら、「間違えました。ごめんなさいね」とだけ言われた。
排泄だけは軽介助の必要な人だったから排泄かと思ったんだが、違ったらしいと納得して直ぐに退室したんだ。
そしたら10秒もしないでまたナースコールが鳴った。
たまたま近くを通ってた職員が対応してくれたんだが、俺も近くにいたから話し声が聞こえてきた。

ごめん。
文才ないから会話をのせる。

俺は廊下にいて、扉は閉まっていた。
深夜だから部屋の前だと中の会話も聞こえる。

職員:「どうしました?」

お婆さん:「あの・・・・・・先程来た方は男性の方ですか?」

職員:「○○(俺の名前)さんですね。そうですよ。それがどうかしましたか?」

お婆さん:「・・・・・・・・・ここには怖い方がいるんですね。あの方・・・・・・顔が2つ付いてますよ」

職員:「はい?」

お婆さん:「整った顔立ちの綺麗な女性がいました。私、あの方怖いんです。目を見たらとって食われそうな」

職員:「○○さんは男性の方ですよ?見間違いでは?」

お婆さん:「ですが・・・・・・あの女性は、今もこちらを盗み見てるんですよ!?」

お婆さんの突然の大声に驚いた。
うちの施設は扉に窓なども無いし、外に誰が立ってるか分からない作りなのに。
中にいた職員も俺が立ち聞きしてたのに気付かなかったみたいで、話が終わって外に出たとき俺を見て驚いていた。

その日は俺は3時から休憩だったので、その後はそのお婆さんと朝まで関わらなかった。
朝に会ったお婆さんは特に変わりなくて、俺に会っても普通だった。

俺も深くは考えず、その日は帰ったんだが、二日後に出勤したら状況が変わっていた。

そのお婆さんは次の日も深夜1時以降にナースコールを押して、「部屋の中に人がいて眠れない」「天井からこちらを見てる方がいるから落ち着かない」と訴えていたらしい。

それから一ヶ月経つが、未だに深夜にナースコールが鳴るとそういった訴えが続いている。
そして俺が行くと必ず「大丈夫です。ごめんなさい」と断られ、直ぐにまたナースコールが鳴り、他の職員が対応すると「さっき来た女性が怖い」と訴えている。

最初に言ったが、特に怖くないな。
だけど、俺は見たこともない怖い女がくっついてると思うと不安でしょうがない。
とって食われるって、死神かなんかかと思うと怖くなる。

そのお婆さんが本当に精神疾患なのか、見えないものが見える人は精神疾患と診断されるのか分からないが、
何にせよ、早く深夜のお婆さんに怖がられない日が来ることを願ってる。