自殺志願の男。

昔、夕方ニュース番組の特集で、富士山樹海を取り上げていた。
樹海の遺品、モザイク入りの遺体、自殺志願者をなだめるボランティア、などの内容。
その特集では、説得ボランティアさんに密着取材してた。
そこで出会った男は、ビニールシートを持参して、そこで死ぬつもりだったらしい。
遺体処理の際に片付けやすいように、という心配りからだった。

ボランティアさんは親身になって男を説得。

ボランティア:「生きていれば良いことが必ずある。あなたは若いし、家族だって悲しむ。あなたが死んで、悲しむ人のためにも、もう少し生きてみないかい?」

最初は頑なだった男も、しまいには号泣し、心を入れ替える事に。
ボランティアさんは、男へ家族に電話する事を促し、男は家族に電話をかける事に。

男の電話に出たのは、男の父の再婚相手。
血の繋がらない母親だった。

母親は相手が男だと知った途端、切ってしまう。

・・・もう一度、電話をかける男。
次は男の実の父親が出る。

実の父親:『もう二度と、連絡してくるな!』

ボランティアさんは、男の置かれた悲惨な状態に戸惑う。
今度は番組スタッフが男の家族に電話をして、父親から事情を聞いた。

『息子は家族に暴力を振るってきた。更に多額の借金をし、それをすべて家族に押し付け、逃亡した。未だに息子の借金に苦しんでいる。男とは絶縁する』

呆然とするボランティアさんとスタッフ。

男は先ほどの説得を受けて、「もう少し生きてみようと思う。また家族と一緒に暮らせるように、頑張ってみる」と前向きな言葉を残して、樹海をあとにした。