俺が働いている百貨店でたまに「店内を浮浪者が彷徨いているから何とかしてくれ」というクレームが入る。
みんな慣れたもので、「おいおいまたか・・・」と。

だいたい出入口から各階警備員で固めているので、そんな輩が入り込めるはずがない。
口を揃えて、「見える人にはやはり見えるもんなんだな」と。

うちの百貨店は戦後の復興期に隣に新館を建てて今に至るのだが、以前は旧館に三人の浮浪者が住み着いていたらしい。
何度追い出しても戻ってくるし、その頃は浮浪者も一般人も大して変わらない風体だったしで、さほど問題とはされなかった様だ。

そればかりか、ある程度店の連中とも仲良くし、ごみ拾いなんかの仕事もして順応していた様だ。
しかし、ある程度街が復興し、隣に新館を建てる予定が出てくる頃となると、少々話が違ってくる。

今まで通り店内に居住させるのは如何なものか?という意見が多数となる。
実際に「汚らしいなどという」クレームめいたものも客から出る様になってきた。

そのうちに新館の建設とともに旧館も全改装となり、主だった従業員は休みをとる。
従業員が改装終えた旧館に戻った時にはもう、三人の浮浪者は消えていたと言うことだ。
何処に行ったのか知るものはいないし、語るものもいない。
今よりも人が消え易い時代だったのだ。

しかし、それから現在に至るまで、年に何度か客からのクレームが入る、「浮浪者を何とかしてくれ」と・・・。

決まって旧館だ。
俺達はこう言うしかないじゃあないか。
「見える人にはやはり見えるもんなんだな」と。

某有名百貨店で俺が体験したちょっと怖い話でした。