私が小学六年生の頃、とても仲がいいSという友人がいました。
遊ぶ場所はだいたい彼のアパートで、その日も彼と他の友人三人くらいと一緒に、当時流行っていたゲームなどで遊んでいました。
そうして遊んでる途中、Sは思い出したように私達に言いました。

S:「しばらく家では遊べないかも」

どうやら、近々同じ市内の違う場所に作った一軒家に引越しをするそうで、色々と準備をするそう。
とは言ってもSは準備を家で手伝う気もないようなので、引越しの準備が済むまでは外で遊ぼうか、という事になり、その日は引っ越し先の家の場所を聞いて、解散しました。

その日の夕食、両親にその事を雑談程度として話したのですが、母から少し気になることを聞きました。
どうやらSが引っ越す先は以前、”火事で何人かが亡くなった一軒家”が建っていた場所だそうです。

私はまだ幼かったのでそういう近所の事にあまり興味がなかったのですが、どうやらそれは有名な話で、Sの両親も知らない筈がないとかなんとか。
まあSの両親は見た目がヤンキー上がりっぽい人だったので、そんな事は気にしなかったんだろうな、と思いました。
わざわざそんな事をS本人に言う必要もないかなと思ったので、その事は言わず、私はSが引っ越した後もSの家で変わらず遊びました。

そして何年か経って私たちは中学三年生になったのですが、私はその頃から、Sとその友人の二人にイジメを受けるようになりました。
明確な理由は今でも分からないですけど、多分、くだらない理由でしょう。
とにかく、イジメを受けて、私はSが大嫌いになり「復讐をしてやる、殺してやる」などと今思えばとても物騒な事を考えていたものです。

結局、私は臆病だった為そんな事は出来ず、今問題を起こせば高校進学に影響する、なんて事を言い訳にして、イジメには決して報復もせず、そのまま中学を卒業しました。

高校では私をイジメていたSを含む三人もおらず、彼女も一時とはいえ出来た事もあり、とても充実していました。

そんなある日、私はSの家が少し前に全焼し、Sの家族が死んだという話を、LINEを通して元クラスメイトの友人から聞きました。
それは私にとってはとても笑える冗談だと思いましたが、友人曰く本当の事らしいです。
気になって長らく近づいてすらいなかったSの家があった場所に行くと、そこには本当に家がありませんでした。

そしてその更地の中心に変な女の人がいました。
全身にたくさん赤いベルトを巻いていて、凄く不気味でした。

女の人は私に向かって「あなたのために燃やしてあげたよ」と言って、本当の意味で煙のように消えてしまいました。

あの人がなんだったのかはわかりません。

あの人がSの家を燃やし、それ以前の一家の家を燃やしたのかもしれません。
Sが死んだ事は素直に嬉しかったですが、私をいじめていた残りの二人がどうなるか。
二人が死んだとしたら、あの女の人はまた私の前に現れるのか?

それだけが今はとても怖くて仕方がないので、あの女の人はただの幻覚だったと思う事にしています。