幼稚園の頃ってよく粘土工作したんだけど、私は全然センスが無くていつも作品を仕上げるのは一番最後だった。

その日、親が迎えに来るのが遅くなる様だから、少し待ってる間に粘土をいじってた。
友達は親に連れられて帰っちゃうし、幼稚園の先生は事務室に行っちゃってて、私だけがただひたすら粘土を練ってた。

椅子に座って足をぶらぶらと揺らしながら完成した粘土の作品を眺めてたら、足が急に動かせなくなって・・・何だろうか?とそこを見てみたんよ。
そこには、やけに変色したしわくちゃな両の手ががっちりと私の足を掴んでた。

その日から足を椅子の下に置くのが怖くなってしまって、大学3年生になった今も、椅子の下に何かいるんじゃないか?と考えてしまうようになって、授業受ける時は、常に座席の上で座禅を組んだ状態を保っています。