5年前まで京都に住んでてな、俺は大学生でコンビニでアルバイトしてた。
そんで、俺の通ってた大学ってのがまた田舎っていうか、山の中に校舎あるのよ。
敷地内にリアルに『猪注意!!』なんて看板あるわけww
ぶちゃけ↑で大学、特定されそうなんだが。

まぁ、そんな大学に歩いて5分弱の所に住んでた。
こんな所だから、街灯なんてほとんどないのよ。
マジで真っ暗。
当時は、流石は京都!風情があるぜ!とか思ってたw

いい加減、貯金尽きて、二回生の春くらいからコンビニの深夜勤始めた。
廃棄の量にビビッたね。
一ヶ月くらい務めてから、もう本当に面倒くさくなってね。
コンビニ行く道を探索しまくった。
バイトがメンドい→探索になった理由は俺に聞くな。

そんなこんなで、探索中に何か社?みたいな?そんなんがある道を見つけた。
もう本当にボロボロ。
あちこち傷ついてるし、社にある御神体っていうの?が、近所の馬鹿ガキのせいか原形ない、ただの石になってた。

まぁある意味、原形だな。

イメージ的に言うなら、夏目友人帳の露神さまみたいなの。
凄く可哀想だと思った。
つーか不憫に感じてな。
大学の専攻が歴史ってのもあったし、宗教学の講義も習ってたから、山の社なんて、時代違えば結構な信仰の対象だろ?
それで、どーせ廃棄捨てるんだったら、ここに御供えすればいくない?って発想になった。
ちなみに、御供え物は饅頭とか団子。

そこから俺の日課は、大学終わる→寝る→22時からバイト→4時終了→御供え→寝る→大学になった。
不思議なことに、御供え物は次の日にはなくなってた。
まぁ今考えると、不思議なだけで、当時は「よしよし、いい食いっぷりだ」とか、特に深く考えず思ってた。

そんな日を続けて、コンビニの制服が半袖から長袖になったくらいだと思うんだけど、明らか未成年の、襟足の長さが戦闘能力の高さと勘違いしてる金髪DQNがタバコ買いに来て、テンプレ通りに断ったら、俺のチャリをパンクさせやがった。
悪いとは思ったけど、あまりにイラついたんで、歩きタバコしながら帰った。

社の前に通りかかってもタバコくわえてて、いつも通り御供えしてたら、タバコ煙かったのか「コンッ!」って声ってか音が聞こえてな。
聞き間違えと思いつつも、試しにフーって吐いたらまた聞こえたw
恐怖心とかは全然なかった。
言うまでもなく、俺の日課はひとつ増えたw

飽き性で長続きしない俺が唯一、卒業でバイト辞めるまで自発的に続けられてたのが、この御供え物だった。

コンビニを辞める最終日に、いつも3時くらいにワンカップ買って帰るお爺さんに、「○○道の少し外れにある社って、なにを祀ってるかご存知ですか?」って聞いてみたら、「知っとるよ。狐さまが祀られとる」と。

詳しく聞くと、やっぱり昔は、多くはなかったけど拝みに来てる人がいたらしい。
今では、亡くなったり入院してたり遠くに行っちゃったりで、ほとんどいないということだ。(爺さんが、儂も腰が云々ほざいたから、深夜に酒買いにくる人が何をwと突っ込んどいた)

最後の御供えの時、まぁ、最後ってんで、きちんとかがんで頭下げて手を合わせた。
その最中、何か気配を感じて薄目開けたら、黄色くて先が白い尻尾が見えた。
瞬きしたら消えたんだけどね。

こんな感じw
怖くなくてごめんねw

大学の講義のことなんざかけらも覚えちゃねーけど、このことに関してはなんでか鮮明に覚えてんだよね。