※このお話には【キモオタを隠した結果(前編)】があります。

それで収まるかと思いきや、世の中そううまくはいかないようで・・・。
もしくは、何か御祓いみたいなことをしなかったのがマズかったのかもしれない。

悪夢は見続け、朝起きるとドールの位置がどこか変わっている。
実害といった実害はなかったのかもしれないが、俺の精神はどんどん磨り減っていった。
それでもオタクとしての習性なのか、フィギュアやドールを処分どころか、部屋を出て行きたいという気持ちにはならなかった。

漫画みたいに霊能者との知り合う方法なんてわからないし、寺に行ってみても変な顔されて、精神的な説教がどうのって言われるだけだった。
しかし、どんどん精神的に落ち込んでいって、会社に出る気力も激減し連続で休むようになっていった。

そんな状態を心配してきた同僚から電話があった。

同僚B:『おー○○?お前最近どうしたの?大丈夫か?Cさん(直属の上司)も、もう少ししたら見舞いに直接行くとか言ってるぞ?』

俺:「B・・・?Cさん来るとかいってんのか・・・。いや、来られるのはちょっと・・・(萌えフィギュアとかでまくりだし)具合悪いのが続いてるだけだから・・・」

同僚B:『具合ってお前、病院行ってるの?』

俺:「内科と心療内科には行ったけど、原因不明って言われた」

同僚B:『ちょっ心療内科って、そっちの病気っぽいの?全然知らんかったわ、お前言えよ』

俺:「あぁ、悪い。ほんと最近何もできる気がしなくてさ」

同僚B:『マジでそれ欝じゃねぇの?違う病院でセカンドオピニオン訊いた方がいいんじゃね?』

俺:「・・・あのさ、突然だけどお前オカルトとか信じる?」

同僚B:『は?突然どうしたん?』

俺:「あのさ、なんつーか、祟られてる系なんだよね俺」

同僚B:『え?祟られてる系って何だよ?なう?』

俺:「なう」

同僚B:『ちょwwwなにそれwww』

俺:「いや、マジで、笑い事じゃなくて。なう」

同僚B:『・・・え?マジなの?ギャグじゃなくて?』

俺:「うん。だから何かお前ツテとかない?霊能者的な。占い師的な」

同僚B:『え~~~?知らんがな。とりあえずどうすんのそれお前』

俺:「どうしようもない。俺のノイローゼか、もしくは魔法かも」

同僚B:『魔法ってなんだよwん~、とりあえず深刻っぽいなら、ちょっと訊くだけだけど何人か当たってみるよ。そういうの好きな奴はいるから、中にはかなり詳しい奴いるかもしれんし』

俺:「わかった。とりあえずマジお願い。じゃあ」

同僚B:『おう、よくわからんが頑張れよ』

同僚の声を聞いたせいか、心無しか元気をもらったような気がするし、人に話せて少し気が楽になった気もする。
そういえば、なんで俺は誰かに相談しなかったのか、そういうことを能動的にする気力すらなくなっていた気がする。

ホっとしたら、俺の横にはいつの間にかドールのし○ちゃんが横たわっていた。
横たわるだけで何も訴えかけてこない。
いや、横たわることが何かを訴えかけているのか。
俺にはわからなかった。

意外にも早く、次の日Bから電話があった。
そういうのに詳しくて心当たりのある人がいたから、困ってることを話したら相談に乗ってくれるとのこと。

Bの声が天使の声のように聞こえた。
初めて希望の光のようなものを見た気分になった。
Dさんという他部署の聞いたことない人だったが、話だけは訊いてくれるとのことで、近所のファミレス(家が魔窟なので)で落ち合うことになった。
Cが間に入ってくれていたけど、申し訳ないがCには退席してもらうことにした。

Dさん:「どうも~。Dです」

俺:「あ、どうも・・・○○です」

なんだかちょっとチャラチャラした軽そうな奴だ、大丈夫なんだろうか。

Dさん:「○○さん、なんか祟られてるみたいな話聞いたんだけど、ほんと?紹介するにしても詳しく聞かないといけなくてさ~教えてくれる?」

俺:「はい。単に俺の精神的な物かもしれないんですけど、その辺も含めて誰かにアドバイスをもらいたいというか」

Dさん:「精神的なってことは、なんか悪夢見るとか幻覚見るとか?」

俺:「幻覚といっていいのかわからないけど・・・、でも実際に物の位置が変わってたり、棚が溶けてたりとかはありました」

Dさん:「それ、自分で知らずにやったりってんじゃないよね?」

俺:「ビデオとかないんで・・・知らずにやってるとか、そういうのを確認したことはないです。ただ病院では、夢遊癖はないと言われました」

Dさん:「う~ん、なるほどね。具体的に何が起こるの?」

ここまで来て意を決して、俺はドール趣味のことを全部ぶちまけることになった。
会社のみんなには言わずに黙っててくださいという条件で、俺の部屋も見てもらった。
Dさん・・・かなりドンビキしている感じは見て取れたけど、とりあえず人形の御祓いとか、心霊系の詳しい人を後日紹介してくれると言って、その場は解散になった。

初めて進展らしいことが進み、他人をアテにしているとは言え、前進できるかもということに希望を見出せて、心のそこから嬉しかった。

次の日、少し気持ち的に落ち着いて気力を取り戻せたので、昼頃から出社した。
出社してすぐに上司のCさんに挨拶すると、何か歯切れが悪い。
何日も休んでしまったのだから当然か・・・と思うと、周りがなんか俺を見て笑いを堪えている。
同僚のBがやってきて、「おい!ちょっと・・・!」と呼びかけられて、そのまま部屋の外の給湯室まで連れ込まれた。

俺:「?なんかあったの?」

B:「お前・・・さ、Dさんと話しただろ?昨日?あの後何話したんだよ?全然話してくれなかったし」

俺:「何って・・・ちょっと心霊系の相談だけど」

B:「それだけじゃなくてよ!なんかお前の変な噂、朝からすげえ言いふらしてバカにしてるぞ。あの人、何話した?」

俺:「え・・・?言いふらすって何をよ?」

B:「いや、エロフィギュアと人形に囲まれて生活してるキモオタだとか・・・幻覚見て人形が生きてるとか思い込んでるとかって色々」

一瞬、目の前が本気で真っ暗になった。
真っ暗になって落ちていくって感覚、あれってマジであるんだな。

俺:「ちょ・・ちょ・・、なんだよそれ!!」

B:「い、いや・・・俺はあの後のことはよく知らないけどさ、朝からあの調子なんだよ。幽霊の話とかしなかったの?」

俺:「したよ!その事での相談だったんだよ!」

B:「でもあの人、そんな感じじゃなくて、普通にキモオタ暴露!みたいな感じで噂流しまくってるぞ・・・ウチの部署にも伝わってるし」

俺:「なん、でだよ!俺はそういうことをお願いしたわけじゃねーよ!!」

B:「そのお願いって、人形が生きてる云々とかじゃないの?てかあれ全部マジなの?」

俺:「しらねーよ!勝手にアクリルケースが溶けたり、明らかに物の位置が変わってたりも幻覚かよ?!」

B:「いや、それは知らんけど・・・。あの人、お前の言ってること信じてくれなかったんじゃ?いや、とにかく本人にもっかい問いただしてくるわ。お前は・・・どっかで隠れてろ」

俺:「いや、俺も行く。笑われるかもしんねーけど」

なんで俺はあんなに軽々しく、今まで隠してきた趣味を赤の他人にばらしたんだろう。
バラす相手が、せめて気の置けない間柄とかならばまだしも・・・。
この時のやりとりは思い出したくないくらい恥ずかしいし、情けなくて涙が出る上に関係ないから省略するが。

Dは結果的に俺の言うことを信じてくれなかったし、そもそもD自体、ただの怖い物話好きで、そういうサークルで遊んでたことがあるってだけで、ほとんど遊び人グループってだけの、ただのチャラ男だった。
そんな素行の悪い初対面の奴に、俺はベラベラとキモオタ趣味を暴露してしまったわけだ。

あれから、何もしてなくても突然吐き気が催してきたり、本格的に会社に行く気がなくなってしまった。
とにかく、Dが憎い、憎い。
それだけの毎日になっていた。

相変わらず・・・し○ちゃんは勝手に棚から出てきている。
でも俺の中では、そんなものどうでもよくなっていた。
Dへの憎しみの方が強かった。

俺:「憎しみで人が殺せればいいのに」

昔そんなことを言っていた漫画があった。
まさか自分が本気でそれを思うとは。
今度は人形の悪夢ではなく、Dが俺を笑いものにする悪夢ばかり見るようになっていった。

会社にも行けず、上司からの叱責の電話があっても行く気になれず。
社会人として完全に何かが欠けてしまった俺は、仕事のことなんて考えられなくなっていた。
人形たちが何かしらの動きを見せるのも、なんだか笑えてくるようになってきた。
せめて目の前で動いて俺を慰めてくれればいいのに。
し○ちゃんが心なしか微笑んだ気がした。

忘れもしない、それから二日後の夜、突然Bから電話がきた。

取りとめもない世間話なんかを10分だろうか、その程度繰り返した後Bはこう言った。

B:『昨晩さ・・・Dの野郎、亡くなったって』

俺:「?ぁえ?なんで?」

なんで俺にわざわざ言う必要があるのか。なんで亡くなったのか。

B:『いや・・・色々あったし。それにさ。D紹介しちゃったのも俺だし。それに、亡くなった時の話を今聞いてさ。ちょっとな』

俺:「なんだよ?」

B:『Dさ、車で事故ったんだよ。操作誤って激突。ドーンって。即死だと』

俺:「・・・あ、そ」

B:『その事故り方がさ、事故車のハンドルに人毛じゃない、まるで人形の髪の毛みたいなのが絡み付いていたって。それに、なんか人形っぽい焼け焦げた頭も』

俺:「っっ!!?」

B:『なんかよくある話すぎてさ・・・こんなのあるわけないんだろうけど。お前の話とかも気になって・・・。それに、ちょっと前にあんなことがあったから。なんか社内のムードが変なんだ』

俺:「変って?」

B:『誰も大きな声に出して言わないけどさ・・・なんか呪いとか、そんな感じの。俺もチラっと連想しちゃったし』

俺:「俺がなんかやったと?キモオタの俺が?なんかやらかしたと?」

B:『いや、そんなこと俺が言いたいわけじゃねーよ!普通に考えてもよ、ただタイミング的にみんな気持ち悪がってる。そんな空気になっちゃったってことだけは伝えておこうと思ってさ・・・』

俺:「・・・わかった。でも本当に、それは何かの間違いとか、変な偶然重なっただけじゃねーのかな」

B:『うん、そうだよな・・・。でもお前・・・どうする?』

俺:「あー、うん。居られないだろうな。俺も居たくないって思っちゃってたし。多分辞めるわ」

B:『・・・そうか。なんか俺がきっかけ作ったみたいですまん。本当にすまん』

俺:「いや、きっかけは俺だろ。どんな原因や真相があったとしても、この件はもう終わったことにしたいし」

そのまま一週間、俺は会社を無断欠勤しつづけ、俺は久しぶりに上司に会い、自主退社を申し出た。

で、現在に至るわけだが、現在俺は貯金だけは結構あったので絶賛ニート中。
不思議なことに、あれから人形系の悪夢や、おかしな現象はほとんどは潰えた。
もう働く気も起きない。

今思えば、あの時に人種を超えた愛の告白でもかまして、どっかの世界に連れて行ってもらえばよかったかも。
でもそんなことにはならずに、今でも懲りずにフィギュア・ドールオタやってます。
一つ変わったことといえば、一般的な交友関係なんて気にする必要なくなったので、萌えフィギュアやドール、もちろんし○ちゃんも全開で出しッぱで飾ってます。

結局ゆ○ちゃんはどうなったのかな?それとも俺の幻覚か?

ただ、ハマリこんでしまうが故に、自業自得ながらもこんな状態になってしまった。
とても特殊な俺の例をあげてみて、こんなことだって起こりえてしまう可能性もあると、頭の片隅に置いておいてください。

心配ないよ。
大多数の人はこんなことになるわけがない。
そう信じてる。

時々・・・し○ちゃんの顔を見ると、目玉がぐりんと動いたり、ニタリと笑ってるような錯覚を見ることがある。
これだけはなくならない。