親父が若かった頃、就職が決まり、新築のアパートを借りたらしい。
バイトしていた材木店のトラックを借り、今まで住んでいたボロアパートから後輩に頼んで引越しをした。

特に大きい物は無かったので、荷解きはそんなに時間はかからなかった。
後輩は部屋に着いた頃から顔が真っ青で、あきらかに体調が悪そうだったので、バイト代数千円を握らせ、その日は帰したそうな。

その夜、引越しの疲れで早々と床についたのだが、深夜にボソボソ・・・と、何か語りかけてくるような声を聞き目が覚めた。
親父が一番早く引越しをして、他の部屋にはまだ誰も住んでおらず、隣人の声では無かった。
電気を付け外を見渡しても、静かな深夜の住宅街。
酔っ払いも歩いてはいなかった。

気のせいにして再び床につくと、寝入り始めた頃にまたボソボソ・・・と声がする。
家鳴りとか風の音が、人の話している音に聞こえるに違いない。
そう思おうとしたが、やはり建物の中で誰かが話しているようだった。

もしや?間抜けな泥棒が隣の空室に忍び込んだのか?と、壁に耳をあて聞き耳をたてる。

・・・何も聞こえない。
・・・人の気配はない。

明日も早いし気のせいだ、寝ようと思った矢先、反対の耳からボソボソ・・・と声が聞こえた。
振り返るも当然誰もいない・・・。

イライラしてきた親父は、原因を突き止めようと両隣の部屋、上階、全ての部屋をノックして回ったそうだ。
結果、やはり親父以外はまだ越してきていない。
引越しの疲れだと思い、部屋に戻るととんでもない光景が目に入った。

キッチンの排水から白い手が伸びている!
今まさにそこから這い出ようとせんばかりに・・・。
思わず叫びそうになり逃げ出しそうになったが、グッと堪える。
目を凝らして見ていると、何かを探しているような手付きでパタパタとキッチンを這い回り、暫らくするとスーっと排水口に飲まれていった。

体中汗が噴出したが、ここで逃げたら俺の負け(確かに親父はそう言った)と思い、キッチンの蛇口を開き水を思い切り流したそうだ。
当然、細い配水管に人なんか入っている訳もなく、何の異常もなく流れる排水。
シンク下の収納も開けてみたが、もちろん誰もいない。

『これは幽霊。見間違えでは無いし、特有の嫌な感じもした。子供の頃から嫌なモノは見たし、怖い思いも何度もした。逃げるのもいいが、それでいいのか?敷金礼金は返って来るのか?これは立ち向かわなければならない現実じゃないか?』

・・・そう考えた親父、わが父ながら頼もしい。

おもむろに排水口に顔を寄せ、「二度と出てくるな!テメー俺が死んだら追っかけまわすぞ!!」と、深夜にも関わらず思い切り怒鳴ったらしい・・・排水口に向かって。

気が済んだ親父は、バカらしくなって布団に入ったそうだ。

『命までは取られない。幽霊ごときに殺される訳がない。』

その後、何事も無く朝を迎え、材木店にトラックを返しに行くと、後輩が昨日と同じく真っ青な顔して、何か言いたげにしていた。
理由を聞くと、こうだ。

部屋に入った瞬間、物凄く嫌な感じがして、その方向を見ると、キッチンから白い手が生えていたとの事。

後輩:「時々変なのを見るけど、あんなに気持ち悪いのは初めてだった。折角の新居で、そんなモンを見たと言ったら気を悪くするだろうから、言えませんでした」

それから、親父の脅しが効いたのか何事も無かったそうだけど、2年くらいで転勤となり、部屋を出ることになった。
そして最後の日、部屋から出ようとすると、背後に妙な気配が・・・。

『あーまた出たか・・・憑いてくるなよ。』と思いつつ、怖いもの見たさで振り向くと、例の白い手が、排水口の所から手を振っていたそうです。
シュールな光景ですが、親父も手を振り返したそうな・・・。

さすがに最後のこれは作りだと思いましたが、親父ならやりかねないので、余談までに書き留めておきます。