※このお話には【糸と友人(後編)】があります。

時期的にちょうどこれぐらいの時期で、十年以上経つので私の話を投稿します。

小学生の時に兄と私と友人数人で、地域で有名な公園によく遊びに行ってました。
そこは他校と私たちの小学校の双方の真ん中にあるので、他校であろうと仲良く一緒に遊んでいました。

ある夏休みの日。
近くにある市民プールに行って、帰り道にその公園で、それぞれ親に作ってもらったお昼を食べて、他校の学生も数人あつまり始めてきたところで、彼らとともに探検ごっこをすることになりました。

その公園の真ん中には川が通っており、その奥は鬱蒼とした森となっています。
川と言っても、横幅はあるのですが、水はあまり流れておらず、足元がぬれても構わないなら渡れるぐらいの深さです。
その森を真っ直ぐ上って行くと山に入るのですが、山の少し前に高速道路が通っている為、山と公園をつなぐ森の中に、トンネルのような空間が出来ているのです。
つまり、上に高速道路が通っている為、そこだけ空が見えず真っ暗になっているのです。
そこを私達は、『山の穴』と呼んでいました。

とりあえずはそこまで、川を挟んで二手に別れ上っていこう、ということになりました。
私は兄と友人(女の子)と、他校のA君B君と一緒に、他の友人達は、他校の人たちとそこへ向かいます。
そこから私達は森を突っ切り、山の穴を目指して歩き出します。

少し歩くと川の幅が大きくなりだし、さらに進むと、向こう側の友人達は小さくしか見えなくなります。
そこからケモノ道に入り出し、木々も増え始めます。
彼らも同じように森に入る為、互いの姿は確認出来なくなり、あとは山の穴を目指すのみ。

A君やB君とも仲良く話しながら、私達は山の穴に到着することができました。
少し遅れて、反対側から声が聞こえます。

「お~い、着いたかぁ?」と、山の穴に響いてきます。

「こっちはだいぶ前からいるぞぉ~!」と返します。

「お~い、一人そっちに行くからな~」と、誰かが伝えてきます。

しかし、少し待っても、誰も来る気配はありません。

「だれもこないぞー」と更に返します。

相手からはうんともすんとも返事がありません。

「お~い、誰もこないぞー!!」と更に大きな声で言います。

返事はありません。

上からはゴォー、ガタン、ゴォーと車が通る音が聞こえてきます。

「お~い、なんか言えよー、聞こえないぞー」と兄が叫びます。

その瞬間に、ゴトン、ドオオオンと音がします。
山の穴にその音が反響されて、更に大きくガーーーン、ボーンと音がします。
私達は無言になり、不安でいっぱいになってきました。

「どうする、もどろうか?」とA君が言い、兄も友人もそうしようと言うので、私とB君はそれに従い、今来た道を戻り始めましたが、気付くと・・・山の穴の上から煙が出ています。

上で何があったのか?
私達はさほど気にせず、戻ります。

ケモノ道を再度戻っている最中に、後ろから「お~い、こっちにいかないのかー?」と声が聞こえたので、
あれ?友人達は川を渡ってこっち側に着ていたのか、と振り返り、山の穴に向かい声を掛けたのです、「さっきから誰も返事せんから戻ってたぁ」と。

「お~い、遅いぞぉー」と、「早く山の穴に戻って来い」と、急かす様に何度も大声で言ってくるので、私たちは走りながら戻りました。

山の穴の上、高速道路の側面の壁から、糸が垂れてます。(大きさ的にはロープと思って頂いていいぐらいの大きさですが、何故か糸としか思えないのです)
4本の糸が垂れており、その下の端に白い旗の様な物がヒラヒラと揺れていました。
道路の壁の向こう側からは、ヒューヒューと風の音が聞こえ、同時に「お~い、さっきも二人そっちにいったぞー」と、山の穴の奥から声が聞こえてきました。

見ると、B君は震えています。
私は兄のシャツをギュっと掴んでました。
糸がスーっと垂れて、下にゆっくり落ちてくるように見えるのです。
その糸の端で、白い旗がユラユラ揺れてます。
兄が後ずさりしはじめ、A君は歩みを止めて、旗の下のヒラヒラを睨み付けます。

「お~い、おくにいかないのかー」と、山の穴から声が聞こえてビクッとなる私達。
来ないのかでは無く、更に奥にいかないのかと、私達を呼びます。

一緒にいた友人が叫び、「だああれええ?みんなそっちにいるのお?」と問いかけるものの、山の穴からは風が吹き抜けるのみ。
降りてきている糸がユラユラとぼやけて、先ほどより太くみえるし、ユラユラしていた旗が膨れて、丸みを帯びてるように見えます。

4本の糸の内1本が、壁をシャクトリムシの様に這い上がっていきます。
他の3本はゆっくり下に落ちてきます。
クネクネ、フラフラしながら。

「おい、こっちぃこい」と、凄く近くから声が聞こえたのですが、変な事に、真上から声が聞こえて、それは聞いたこともない女の人の声でした。

それを聞いたB君は逃げ出しました。
私は逃げていくB君の背中を眺めたまま、どうすればいいか混乱して、立ち尽くしてしまいました。

怖くて兄を見たとき、兄とA君が糸に絡まってみえました。
友人は必死に、兄を何から守るように引っ張っていました。
それをみて私は逃げだそうとしました。

だけど、兄が何かに連れて行かれる気がして、数歩走った後に振り返ると、そこには兄の顔が逆立ちの様に上下逆で目の前に・・・。
そして、聞いたことも無い様な声で、「ギャアアギャアギャアア」と叫んでいます。

私はその場で腰を落としてしまいました。
兄は吊られた状態なのか、体が逆さまだったのです。
B君は振り返らずに、一目散に逃げて行きました。

友人は必死に兄の名を呼んでいます。
A君は、いつの間にか居なくなってしまいました。

私は、「神様、お母さん助けて」と心で祈るのみで、何もできません。
少し前の方では、友人が兄の体に巻きついた糸を必死で千切ろうとして居ます。
そこで、兄が二人居ることに気づきます。
「ギャアアアアギャアアアアア」と叫ぶ、糸から垂れてる兄と、「この離せ!!」と、友人と必死で糸を引き千切ってる兄です。

目の前の兄は顔は、悶絶としながら涎を垂らし、髪の毛を下に逆立てて、「ギャアギャアアヒャヒャ」と、叫びとも笑いともつかぬ顔で私を見ています。
私はそれを避けて、友人が必死で糸から引き剥がそうとしている兄に、泣きながらしがみ付き、「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と、糸を必死剥がしました。

どうにか兄から糸をとって自由になると同時に、「お~い、こっちー、こっちに皆いるぞー」と、山の穴からA君の声が聞こえます。

私達は怖くて顔を見合わせて、公園に向かって逃げ出そうと振り向くと、そこには先ほどまで居た逆さづりの兄はおらず、代わりにユラユラと空中に浮いた、虫のように白く膨張したボールを下に垂らした糸が垂れています。
それを恐る恐る避けて行こうとすると、ボールの様な何かが「ウヒャヒャアアヒャアアヒャアアアヒャヤアア」と、気でも違ってる人の様な笑い声をあげて、ゆっくりと地面に下りてきます。

私達は急いで公園へ向かいました。
後ろから兄が、「後ろ向くなよ!○○(私に)、○×(友人)。後ろ向くな。逃げろ!」と言い、私は「お兄ちゃん、お兄ちゃんいる?」と泣きながら、兄が近くに居るのか、又捕まってはいないかと心配になりながら兄を呼びました。

兄はすぐに「居る。居るから!いいから振り向くな。とにかく公園に逃げろ!」と、後ろから声を掛けてくれます。
友人が、「大丈夫。私が××(兄)の手をもってる。大丈夫だから公園に!」と、私の手も取って一緒に公園まで逃げます。

森を突っ切って公園に入ると、B君は心配そうにこっちを見て、ウロウロしながら震えていました。
しかし、私達が走ってくるのが見えると、彼は悲鳴をあげ逃げ出し始め、それを見て私達も後ろにまだついてきてるのだ!!と思い、手を繋いだまま逃げました。

人が集まる広場まで出ると、B君が大泣きしながら他の知らない子達に、「何があったの?どうしたの?」と慰められており、私達もそこまで行き、三人で腰を落として泣き始めました。

しばらく泣き、落ち着きはじめると、B君が「Aは?Aは?」と聞いてきます。
兄が「山の穴で他のやつらと会ったみたい」と説明し、皆の帰りを待つことに。

更にしばらくすると、反対側に行っていた友人達が、広場に私達を見つけ近づいてきました。

「お前らどこに行ってた?Aは?」と、兄やB君に聞いてきました。
「え?A君が、『山の穴でお前らに会った』って言ってたよ?」と、兄が混乱しながら彼らに伝えます。

彼らはA君と会っていないとの事なので、私達は「山の穴で声をかけたでしょ?」と尋ねました。
しかし、彼らは何度も叫んで私達を呼んだが、返事が無かったから、お菓子を食べ、その最中に道路からゴーンと音がして、怖くて逃げてきたらしい。
その後、上の道路から煙や救急車の音が聞こえたので、事故があったのかとこちらへ戻ってきたとの事でした。

そこで私達は、今あった事を全て彼らに伝えて、「A君は山の穴で彼らに会ったと言っていた」「私達は怖くて逃げた」とも言いました。

私達の友人は、兄が怖がるとこをあまり見たことなくて、そんな嘘もつかないだろうと信じてくれましたが、他校の友人達は、「なんだそれ?ガキじゃあるまいし」と一笑して、B君に「A君探しに行くぞ」と声を掛けて、無理やりつれて川に戻りました。

私たちも川までは付いて行きましたが、森に入るのは流石に怖く、「ここで待ってる」と言うと、「もういいよー、お前らの学校は怖がりが多すぎる。ガキばかりじゃねー」と笑いながら、他校の彼らだけが、森へ向かってA君を探すことになりました。

※糸と友人(後編)へ続く