俺の小学校にある怪談があった。

満月の夜には”学校のプールにプールの水を飲みながら月を見上げてニタニタ笑う男がいる”というものだ。

当時、小学生だった俺は家が学校のすぐ近くだったので一度この話を確認してやろうと考えた。
そして夏休みのある満月の夜、親友のEと一緒に夜の9時に学校のプールまで親に内緒で出掛けた。

プールの正面口でなく裏から塀をよじ登って中を覗く。

・・・誰もいない。

もともと本当にいると考えてたわけでないので、失望しつつも半分ホッとした気分で中まで入った。
しかしプールサイドまで行った俺達が見たものは、喰い裂かれた鳩の死体だった。

普通に考えれば猫にでも襲われたものと思うが、その時の俺達は、ニタニタ男が喰ったものと思いこんでしまった。

やや失望気味だった俺達は途端に興奮した。
Eは笑いながら「うぉー」とか「キャインキャインキャインキャイン!」と走りながら喚き出す。

こいつは普段から調子にのるとこういった変な行動をとるので別に狂った訳ではない。
俺も塀の上に立ってガッツポーズ。(俺は高い所に登るのが好きだっただけで狂った訳ではない)

さて、2学期になって登校したら学校では妙な怪談が噂になっていた。
それは”満月の夜にプールの塀の上で奇声を張り上げて万歳している男がいる”という・・・。

いったい誰のことじゃ?
だいたい奇声を張り上げたのは俺じゃなくてEだ。

俺とEはあの時の事はお互いに秘密にしようと約束し、その後卒業、Eは関西に引越しその後は知らない。

アレから七年、いま小学校に行ってる妹が学校に伝わる七不思議として、「満月の夜にプール場の塀の上をケタケタ笑いながら走り回る男」の話を聞いた。
見てしまうと塀から飛び降りて追いかけて来るらしい・・・。

お~い、E!
なんか俺ら伝説になっとるぞw