男3人女1人で、心霊スポットへ行った。
よくある話だが、『なんとかトンネル』って場所・・・。
登場人物は、俺、K、S、Mちゃん、としておく。

最初は俺とSとMちゃんで遊んでて、その場のノリで「心霊スポットへ行こう」という話になったんだ。
しかし・・・車がない。
俺とMちゃんは免許すらなく、Sは免許しかなかった。
そこで急遽、車と免許、両方あるKを誘うことになったんだ。

Kと久しぶりに会ったこともあって、車内では話が弾んだ。
しかし、心霊スポットの話題になると、Kがとたんに口を閉ざした。

何も話さない・・・。
黙々と運転するだけ・・・。

コイツに霊感があるなんて聞いたこともない。
驚かそうとしてるだけだろう。
そう俺は思い、Kは無視してSとMちゃんと話してた。

しばらくすると『なんとかトンネル』に到着した。

K:「着いたぞ、じゃあ行ってらっしゃい」

・・・と、ほざきやがった。

どうやらKは、自分だけ車に残るつもりらしい。

俺:「はぁ?なんで車から出ないといけないんだよ。つーかオマエビビってんの?」

K:「なんとでも言え」

ある意味Kらしい言葉で返してきた。

Kは昔から頑固だったので、これ以上言っても仕方ないと思い、K以外の3人で、トンネルの中を歩きで進むことになった。

トンネルの中に入った俺たちだったが、近づくだけで異臭がするのを感じた。

焦げ臭い、生臭い、汗臭い・・・、どれとも全く違う。
この世に存在するような臭いじゃないんだよ。

全身鳥肌が立ちまくり。体の動かし方を忘れてしまいそうになった。
足を前に踏み出すことができず、みんなに帰ろうと言おうとした瞬間、パッ・・・パッ・・・パッ・・・パッ・・・パッ・・・パッ・・・パッ・・・パッ・・・パッ・・・と、電気が消えた。

俺たちは一目散に逃げ出した。

Kの車に乗り込んだ俺たちは、「早く出せ!」と言ったのだが、Kは、「あぁ・・・エンジンかかんねーや、誰かに取り憑いてるな」と、のんびり口調で言いやがった!

俺たち3人は目を合わせた。

俺、S、Mちゃん。
この3人のうち1人が憑かれた・・・?

K:「とりあえず1人降りてもらおうか。そうじゃないと皆帰れないしな」

S:「ばっ・・・こんな山奥で歩いて帰らすつもりかよ!」

K:「じゃあみんな歩いて帰るか?とりあえず奴ら怒ってるぞ」

俺:「奴ら・・・って、マジかよ・・・」

・・・きっと幽霊のことだろう。

K:「速く逃げた方がいいな。とりあえず『俺』降りてみろ」

Kはめんどくさそうな顔をして俺に言った。

俺は考えた・・・。

山の麓までどのくらいあるんだ・・・?
確か・・・車で30分くらいだったな。
そもそも憑かれたってことは、この先俺の人生真っ暗か?死ぬのか?

嫌だ嫌だ・・・。
悪いけど、SかMちゃんに憑いてくれ。

他人に擦り付けるなんて今思うと最低だが、友情を考える余裕なんてなかった。

俺はゆっくりと車のドアを開けて、外へ出た。
相変わらず異臭がキツイ・・・。

そしてKが再びエンジンをかける。
ここでエンジンがかかれば、憑かれたのは俺であり、人生真っ暗になるのが決定する。

Kがエンジンを回す。
しかし・・・どうやらエンジンはかからないようだ。
Kは、車の中に戻ってこいと手招きした。
俺は安堵した。

死刑から終身刑に減刑された気分だった。

K:「『俺』は大丈夫みたいだな。じゃあ、次はMちゃん外に出てみて」

まるでKは、死刑を宣告をするかのような口振り。
Mちゃんは泣きながら外へでる。

そしてエンジンは・・・
かからない。

再びKはMちゃんに手招きをする。
Mちゃんもきっと俺と同じ気分だろう。
しかし、残されたSは顔が真っ青だった。
ドラえもんくらい真っ青だ。

S:「ということは・・・」

K:「そういうことだ。さぁ降りてくれ」

血も涙もない奴だ。
この野郎・・・もういい・・・。

さっき俺は友情を忘れたが、汚名挽・・・違うな。
名誉挽回のために名乗りでた。

俺:「S、俺も降りる」

S:「なっ・・・いや、でも・・・」

俺:「1人じゃ危ない、一緒に帰ろう。KはMちゃんを頼んだぞ」

言ったあとで後悔の念が出てきた、俺まで憑かれたらどうしよう・・・と。

まぁいいや、考えるの面倒だ。
俺とSは外に出た。

K:「じゃあな、生きてたらまた会おう」

次会ったら呪い殺してやる!!と、このとき俺は誓った。

エンジンをかけるK。
だがエンジンはかからない・・・。

速く行けよカス、何してるんだ。

すると、Kから冷や汗がスゴい勢いで出てるのが分かった。

ドアを開けてKに聞いてみた。

俺:「おい、K何してるんだよ」

Kはテンパりながらこう言った。

K:「かからねえ・・・エンジンがかからねえんだよ!」

さっきまでの冷静な口調と差がありすぎて、思わず笑いたくなる。
そこでSが言った。

S:「もしかして、憑かれたのオマエじゃね?K」

K:「え・・・?」

S:「とりあえずオマエ降りろ、俺がエンジンかけてみる」

ブォォン・・・・・・ブォォン・・・・・・ブォォン・・・・・・ブォォン・・・・・・ブォォン・・・・・・ブォォン・・・・・・ブォォン・・・・・・。

あっさりかかった・・・。

K:「まさか見捨てたりしないよな?」

命乞いをする囚人のような言い方だった。
しかし躊躇はしない。

俺:「なんとかなるだろ?生きてたらまた会おうぜ!」

俺たちはKを置いて街へ戻った。