他人が聞くとそう怖くないかも知れない話だけど、私の実体験の中で怖かったことを書きます。

数年前のことだけど、あるチャットでの会話に毎晩参加していました。
そこはいつも同じ常連さん達がいるチャットで、毎晩のように同じメンツでたわいのない会話をしていました。

そんなある夜のこと・・・。
いつものようにそのチャットに入ってみると、いつものメンバーではなく、はじめて見る見知らぬハンドルネームの人たちばかり4,5人での会話になっていました。
雰囲気が違うのでおかしいなと思いつつも、URLも間違いなくいつもの場所なのを確認し、間違いがなかったので、戸惑いつつも、私はしばらくその見知らぬ人たちの会話の様子を眺めていました。

会話の内容はなぜか、『○○さんが先日自殺した』とか、『△△さんはまだ死なないだろう・・・』とか、そういう会話の流れになっていました。(○○さんとか、△△さんとか名前が出る人にも心当たりがありませんでした)

なんだかそういう会話ばかりで、場違いなところに来てしまった思いでゾッと寒けがしてきて、違うサイトでも見ようと、私はいったんそのチャットを抜けました。

でも、おかしいなと思う気持ちが強く、ものの5,6分後にもう一度同じチャットに再入室してみると、そこにはいつもの見慣れた常連さんたちの名前が並び、いつものたわいもない会話の光景になっていました。
私はキツネにでもつままれたような気持ちになり、チャットをしている常連さんたちに、『さっき、みんな居なかったよね?いつ来たの?」と訊ねました。

常連さんたちは、『1時間くらい前から、いつものようにみんな集まってたよー』みたいな答えが返ってきました。

私が『さっき、知らない人ばっかりだったんだけど・・・』と言っても、そういう人たちのことは知らないという返事。

私が数分前に入室したときの、あの見知らぬ人たちのチャットの光景は一体なんだったのでしょう・・・。

あのときは本当に怖くてたまりませんでした。
それ以降は、あの見知らぬ人たちのハンドルネームは一度も見かけませんでした。