だいぶ前にちょっと流行った都市伝説が有りました。

走行中の車を追い駆けてくる女とか、気が付いたら車の横を人が獣の様に四足で駆けて行ったとか、バージョンは様々ですが、要するに、道路での人と車にまつわる恐い話です。

義理の兄は警官で、生活安全とかいう部署に勤めています。
刑事と違って、結構規則正しい時間で勤務する事が多いらしく、よく仕事が終わった後に、飲み屋とかで御馳走してくれる事があります。
そんな義理の兄から聞いた、交通事故の話なんですが・・・。

1)車を追い駆ける女
横断歩道を渡っていた女が、4WD車に跳ねられた。
4WDの右前方に接触した女の体はその場で回転して、通り過ぎていく4WDの右後方のハシゴに再度接触した。
その際にハシゴに右手が絡まった女は、4WDが停止するまで引きずられた。
現場の血痕から、女の両足が道路面に接していた事。
又、右足と左足が別々に血痕を残している事が判明した。
目撃者の証言が、「女が、車に手を伸ばして追い駆けていた」というのは、これを見たからだと思われる。

2)四足で道路を駆ける女
国道でトラックに女が跳ねられた。
最初に前輪で踏まれた女の体は、そのまま後輪に踏まれた。
高速回転の後輪によって回転した女の体は、後輪の泥除けカバーを外れて道路に飛び出した。
現場に残った血痕等は、両手、頭、背中、両足の順に残っていたが、数Mで両手、両足の痕が続く様に変化していた。

コレは後輪の泥除けカバーから飛び出した女が、前方へ回転していた事、その後に何らかの原因で、両手と両足のみが道路に接した姿勢で、バウンドしながら道路を飛んでいった事を現している。

あまりの凄惨な話に言葉が出てきませんでした。

「へえ・・・やっぱり都市伝説の元ネタってあるんっすねぇ。そういう話なら納得ですよ」と言うと、義理の兄はニヤリとして言いました。

兄:「あっははは。バカ。そんな話有るわけねえだろ」

私:「え?」

兄:「ちょっとからかっただけだよ。お前、オレオレとかに引っ掛かるなよな、頼むぜ」

義理の兄は、警官とか弁護士とかって前置きすると、如何に話に現実味が出てくるか、という例え話をしたかったそうなのです。

あの手この手のオレオレ詐欺もそうですが、食事しながらこの手の話を即興で思いつく、義理の兄の職業の方がよっぽど恐いなぁと感じました。