「死ぬほど怖い」というのとは違いますが、私が経験したことをどうしても書きたくなり、他に書くところが見つかりませんでしたので書かせてもらいます。

去る夏休み、私は某県立自然科学博物館でアルバイトをしておりました。
来館者に展示場所の案内をしたり、展示物の簡単な説明をしたりする、ガイドのような仕事です。
私の担当エリアは1階のメインホール、恐竜や古生物の化石骨格標本が展示されているところ。

8月のある日、20人くらいのご老人の団体がやって来られました。
その中のお一人、かなりのご高齢と察せられる男性がとても熱心に展示物を見ておられます。
他の方々が別の展示場へ移動されても、そのおじいさんだけはいつまでもその展示物の前から動きません。

私は何か説明してあげられることがあるかと、その方に近づいて話しかけました。

私:「何かお知りになりたいことがございますか?」

するとおじいさんは言ったのです。

おじいさん:「わたしはこれを見たことがある」

私は改めておじいさんの前の展示物を見直しました。
それは5mほどのステゴザウルスの骨格標本でした。

おじいさんが言葉を続けます。

おじいさん:「わたしは戦争中、インドネシアに行っていた。そのジャングルの中で、確かにこれとそっくりの生き物を見たことがある」

私があっけに取られていると、おじいさんはやがて同行の方々と去ってしまわれました。
今になってみれば、もっと詳しく話を聞いておけば良かったと後悔しております。