地元の一帯っと言っても町の一地域だけだが、犬を恐れてる。
飼ってる家もなく、野良犬を見掛けると、皆見ないように家に入ったり、その場から移動した。
だからと言って保健所に連絡する訳もなく、餓鬼だった俺は不思議で仕方なかった。

親や知り合いのオッサンに聞いても「狂犬病が怖いでしょ?」とか、「あんまり構うな、襲われっぞ!」などで、ハッキリした理由が分からなかった。
友達に聞いたりしたが、誰も理由をしらず、暫くの間俺を悩ませた。

ある日、友達2、3人とで、林の中の秘密基地で戦争ごっこしてた時、友人Aが犬を見掛けた。
犬をまともに触った事の無い俺らは、林の中、エアガン片手に犬狩りを始めた。
Aが見掛けたのだがすぐに見失っていて、皆バラバラに林を散策。
俺も笹で擦り傷作りながらも犬を探した。

5分ぐらい散策した時、「バァーー!」とか言う叫び声がし、何かあったのか声のする方へ向かった。
そこに俺以外がもう揃っていて、倒れて叫びながら体をバタつかせてるAを見てた。
Aはヤバいくらい泡を吐きながら、白眼むいて暴れてる。

尋常じゃない事を認識した俺らは、一人大人を呼びに行かせ、残りでAを押さえてた。
だが子供では押さえられず、Aに噛まれたり引っ掛かれたり相当怪我しながらも、顔中から色んな汁流しながら俺らは頑張った。

大人を呼びに行った一人が、オバサンと救急隊を連れてきた。
救急隊はAに駆け寄ると、素早くバンドみたいのでAを拘束し連れて行った。

残った俺らは、オバサンに事の次第を聞かれ説教を受けた。
ホントかどうか、全てかどうか未だに分からないが、オバサンが言うには、Aは犬?に憑かれたらしく、これから何年かダメだそうで、その事をAの両親に伝えるとの事でAの家の番号を教えた。

オバサンが言うには、この土地に関わるなとのこと。
俺らは犬を目にはしてなかったので大丈夫だが、Aが見た犬が特別だったらしい。
この事を自分の家族や周りに話すな・・・ともいわれた。

A一家は引っ越しなどはせず今も住んでいて、近所付き合いも普通にしてるらしい。
あれから6年経つが、Aはまだダメの様だ。
時々、坊さんでも神主でもないが、それらしい人がAの家に行ってる。

Aは戻るかな・・・。