不可解な出来事があったので話します。

小学四年生の時なんですが、私は校庭でドッチボールをして遊んでいたんですよ。
それでオレが本気で投げたボールは友人の鼻に思いっきりぶつかったんです。

友人は怒ったのか、私に狂ったようにボールを投げ返してきました。
当然、方向も定まらないボールは校庭のフェンスを超えてしまい、隣にある神社の茂みに入ってしまいました。
焦ってボールを捜したのですが、見つからずその日は諦める事に・・・。

先生に怒られるのではないかとビクビクしながら、残りの時間を過ごすハメに・・・。
無事先生に気づかれずに学校から帰宅することができ、自分の部屋へと階段を上りました。

私の部屋は二階建てなのですが、屋根裏部屋があり、正確には三階建てなんです。
窓は人間の頭一つぐらいのサイズなんですが、網戸があり、窓は開けても手は出ません。
換気用の窓なんです。

自分の部屋にカバンを置いてからトイレへと行きました。
トイレは三階の窓側にありトイレの天井と三階の床は30cmぐらいしかないと思います。(昔、設計図を見ました)

その時、トイレ天井から「ポンッ!!」と音が聞こえました。

気の抜けた、軽い感じの音で、不思議に思った私は急いで三階へと上りました!

すると・・・そこには学校でなくなったはずのボールが・・・。
意味がわからなくなり友人にこの事を話しました。

友人は確かに学校のボールだと言います。

よく神社やお寺には空間と空間を繋ぐホールがあると聞きますが、これがそのホールなんでしょか?

宇宙の本も調べたんですがワームホールという穴があるとかなんとか・・・。
誰か解釈できる方いますか?