祖母の話。

まだ終戦後のバラック住まいの頃、生活物資を買いに市へ出かけたんだそうな。
ところどころにバラック小屋が建っているだけの道を歩いていたとき、急にあたりの様子がおかしくなった。

いつのまにか周りは建物がいっぱい建っていて、目の前に巨大な駅があった。
そして駅から、煙突もなく白い、流線型の見たことも無い形の汽車が出てきた。
唖然として眺めているうち、気づいたらもとの道にいたそうだ。

後に新幹線が登場したとき、『あの時見たのはあれだったんだ』と思ったそうだ。

月日が流れて、大阪万博があったぐらいのとき。
用があって東京に来ていた祖母は、街を歩いていたらしい。
ふとした時につまづいてしまって、頭を上げると街の様子が変わっていた。

人々も変わった格好をしていて、手にトランシーバーぐらいの妙な機械をもっていた。
わけがわからなくなって、目をつぶって深呼吸をしたあと、もう一度目を開けると元に戻っていたらしい。

結局その妙な機械は、のちの携帯電話だったようだ。
それから祖母はもう一度だけその時間旅行(?)を体験したらしい。

今度は夜に散歩していたとき、どう歩いたのか知らないうちに、ものすごく広い場所に出たらしい。

そこは巨大な施設のようで様々なビルのようなものや機械があった。
その中心にはいろんな機械や装置のようなものからできた、ものすごく高いタワーがあったらしい。

上は果てしなく天まで伸びていて、一定間隔でライトのようなものがついていた。
それをしばらく見た後、もと来た道を戻ったが、二度とそんな施設は見つけられなかった。

その話の塔は、どうも話の内容からして軌道エレベーター(※宇宙へと伸びるエレベーター)なのではないかと思う。
もちろん祖母は、軌道エレベーターなんて知らない。

今まで見てきたものから考えると、祖母は近未来を見たのだろうか。
それからはタイムスリップはしていないようだが、祖母が見たのは幻覚なのか未来なのかはわからない。