俺が小学校低学年のとき、25年くらい前かな。

当時住んでたとこの近くに公園があった。
ある日、友達と遊んでて帰りが遅くなり公園のところを通ると、20歳くらいの人に話しかけられた。

「君、ちょっと聞きたいんだけど、ここはなんていうところなんだい?」

勿論(なに、この人デンパ?)みたいに思ったけど、当時警戒心もなかった俺は地名を教えてあげた。

それでその日は帰ったんだけど、それからも何回か公園で会って、話したりした。
その人が言うには、自分は未来から来たといってた。

なんでもその人は大学生だったらしいけど、ある日目覚めたらこの近くにいたらしい。
じゃあどうやって生活してるんだって話だが、小学生のアタマじゃそこまで考えていなかった。

それで「えー、嘘だよ。じゃあ証拠みせてよ」と言うと「これくらいしかないけど」と、タバコケースよりいくらか小さい機械を見せてくれた。

それは写真を撮ったり、歌を流したりできた。

確かラジオも聞けたはず。
他にも、電話やメッセージを送ったりできると言っていた。
勿論SFの世界から出てきたようなそれに、マジで興奮していたと思う。

俺はもっと未来の話を聞きたかったが、その日はもう遅かったので「また明日」と別れた。
次の日、放課後すぐに公園に行ったがその人はいなかった。

結局それから二度とカレと会うことはなかった。
結局彼はどこの誰か(聞いたが忘れた)どうなったのかわからない。

本当に未来から来たのか、デンパだったのか、今となっては知る術もない。。

それと、彼が持ってた機械は、多分携帯電話だったのではと思う。

大人になってケータイが出たときにマジで驚いた。
そうだとしたら、あの人は現在大学生の誰かなんだろう。

もし、どこの人か覚えていたら、助けられるだろうけど、それもできない。