最近引っ越したアパートの隣人の事。
ここは学生や単身者がほとんどなので、引越しあいさつなどは特に無い。(あいさつに行っても、生活時間がまちまちで会えない事が多いから)

自分が入居してしばらくすると、深夜隣から声がする事に気が付いた。
隣に住んでるんだから声がしてもおかしくないんだけど、ちょっと気になった。
H系かと期待していたがそうでもなく、『なんなんだ』『どうしてだ』『やめてくれ』など。
毎日、毎日、繰り返される。

ある日、朝の出かけに隣人と出くわした。
あいさつも兼ねて声を掛けてみた。

気弱そうだか人の良い感じ、聞くと近くの大学に通っているらしい。
一緒の駅を利用しているとの事だったので、その朝は雑談しながら行く事にした。
すると、ちょっと言いにくそうに彼は聞いてきた。

彼:「引っ越してから部屋はどうですか?」

私:「二階の角部屋で日当たりも環境もまぁまぁ、割と気に入ってる」っと話すと、「いや・・・まぁ・・・そうなんですけど・・・」っと、なんだかハッキリしない口調。
気にはなったが駅に着き、ホームが違うのでそこで別れた。

その晩も、その後もやはり深夜の声は続いた。

それからしばらくして、また朝一緒になったので、さり気なくその事を聞いてみる事にした。

私:「やぁ、この前はどうも。話途中で別れた感じで気になってたんだ」

しかし、彼はハッキリしない。

私:「最近調子はどう?そうそう、君は1人暮らし?それとも誰かルームメイトでも?」

彼の顔がこわばり、「どうしてそう思うのですか?」っと聞いてきた。

私:「いや、夜中にさ話し声がね。だから」

すると突然立止まり、彼は話始めた。

ようは幽霊がでるらしい・・・。

夜中になると、寝ていようが起きていようが、何者かが自分の部屋に現れると。
「えぇー、ホントに?」っと、オドロキながらもちょっと信じられなかった。
彼は私の反応にちょっとガッカリの様子で、そのまま別れた。

そしてその夜、事態は急変した。

相変わらずの夜中の声にしばらく耳を傾けていると、「やめろー、やめてくれー、助けて、ぎゃぁぁぁぁぁ」と聞こえ、思わず布団から飛び起きた。

いつもと違う!
様子が違う!

そう思って、彼の部屋に行こうと玄関まで急いだが、今朝の話を思い出して急に恐くなった。
そしてそのまま自分の布団に飛び込んで丸くなり、朝になるまで震えていた。
その後一切の物音はしなかった。

朝出かける時、彼の部屋の前を通ったが、声を掛ける勇気がなかった。
でも何かあったら?いや何かあったのは確実だ。

でも最悪の状況だったら・・・。
死んでるとか・・・。

いろいろな思いが頭の中をグルグル回り、不安と恐怖で一杯でただただ駅までの道を進んでいた。

気が付くと、そこは駅前のアパートを紹介してくれた不動産屋の前だった。
私は咄嗟に飛び込み、昨晩の事を店主に話した。

店主は驚いていた。

私が入ってくるなりまくし立てるように話したせいか、それとも理解できない内容だったからか。
店主は「とにかく落ち着きなさい。ほら、お茶でも飲んで」っと、冷たい麦茶を出してくれた。

店主:「えっと住所はどこだっけ?名前は?今台帳で確認するから、ちょっと待ってて」

じりじりした。

彼が死んでるかもしれない。
生きているなら救急車を呼ばなければ。
早く彼の部屋へ行かなければ。

なにやら書類を確認していると、急に店主は落ちつかなくなった。
そして私にも一緒にと言うと、急いでアパートまで向かった。

部屋の前に来ると、店主も一瞬ためらいながらドアをノックした。

返事は無い。

店主:「おい、居るのか?居るなら出て来い!」

反応は無い・・・。
私は彼が息絶えて倒れている姿を想像して寒気がした。
店主は鍵を開け、そしてゆっくりとドアを開いた。

「なぁーんだ、なんともないじゃないか!」

その声に、私は一気に安堵した。

よかった生きてたんだ!
何ともなかったんだ!
・・・そう思うと、早く彼の顔が見たかった。

私:「驚かすなよ!心配したぞ」

そう言って部屋に飛び込むと、部屋はもぬけのカラだった・・・。

店主は、まだ借りての付いてない部屋から深夜に声がすると聞いて、何者かが忍び込んでいると思ったらしい。
ワンルームの為、玄関から様子はすべて分かるのだか、一応部屋の中を確認し、店主は安心していた。

「気のせいですよ。他の部屋か外の声でしょう」っと言って、さっさと帰っていった。

じゃぁ、あの声はなんだったんだ!?
それより彼は誰なんだ!?
彼が幽霊に会ってたんじゃなくて、私が幽霊に会ったのか?

もう訳が分からなかった。

その時、他の部屋のドアが開いた。

「おはよーございます」

住人らしい男に声を掛けられた。
しかし、私は走って逃げた。
彼もまた幽霊かもしれないと思うと、恐怖でおかしくなりそうだったからだ。

私はすぐにそのアパートを引っ越した。