俺が小学生の頃の話。

ある日、仲のよかったAが松葉杖をついて登校してきた。
怪我の理由を聞いても、何も教えてくれない。
Aは交通事故で父親を亡くしたばかりだったので、俺はとても心配した。

いくら聞いてもAは何も教えてくれないので、その日の前日にAと遊んでいたBとCに、Aの怪我の理由を聞いてみた。
BとCは少し困った顔をしたが、俺がAの親友だということで特別に教えてくれた。

B:「昨日、Aのマンションの中庭で、三人でキャッチボールしてたんだよ。そしたらCが暴投してさ。飛んでったボールを追おうとしてAが転んだんだよね。Aの足にさぁ・・・」

俺:「足に?」

C:「落ちてきた・・・」

俺:「何が?」

B:「Aの母親・・・」

俺:「・・・?!」

C:「自殺だってさ。まだ生きてるみたいだけど、相当ヤバイ状態らしい」

その日Aは早退し、次の日に担任からAの母親が亡くなったという話があったが、両親をなくしたAは、父親の実家に引き取られた。