全然オカルトじゃないんだけど、いいかな・・?

小五から小六に上がる時、他所の学校から何人か転校生が来た。
たぶん統廃合とかいうのなんだろうけど、当時はそういう知識なし。
その中に仮にYちゃんと呼ぶ子がいた。

Yちゃんは目立ったところの無い子で、普通だとこういうスレに何ら報告する点は無い。
・・筈なんだけど、年度の初め、クラスで撮った集合写真を家で広げてワイワイしてたら、遊びに来てた叔父が、「あれえ?この子、俺が小五ん時、同級生だったよ?」と。

聞くと、叔父が最初通った小学校は五年で廃校になったらしく、一応学年の最後まで一緒だったクラスメイトに、Yちゃんと同姓同名(苗字がT)、見た目も全く同じ子がいたらしい。

叔父は私の12コ上で、するとYちゃんは24て事になる。
でも当時の私は毎日が忙しく(勉強、お稽古事)、その話を聞いても、「ふーん、なんか事情があるんだね」くらいで済ませてしまい、あんま深く考えなかったんだよね・・・。

今思うと、そんな事ありえない!

一度、クラスでなんかの書類作成した時、Yちゃんがうちらの12上の生年記入してて、ほかの子が「あれー?なんで●●年なのお?」て口に出し、担任が「ほら、そういうのいいから」て、遮ってた。

あー、やっぱり叔父の同級生なんだ、て久々思った程度で、すぐに忘れ、結局一年通してその事を殆ど意識しなかったんだ・・・。

ひょっとして、歳のちがう子が小学校にいるのって、普通にある事なの?
それにしても12ちがうって、ちょっと極端な気するから、学校とか教育制度に詳しい人に今改めて聞いてみたい。