これは私が学生の頃、部活の合宿で先輩Sさんに聞いたものです。

先輩Sさんは「あたしさぁ、すごい怖い夢見たんだぁ」と前置きをし、話し始めました。

Sさんがどこかの川辺を歩いていると、一人のおばあさんがうずくまっていました。
話しかけると、おばあさんはゆっくりと振り向きましたが、その顔を見て、Sさんは驚きました。
おばあさんは、眼球(目)が無いのです。

おばあさん:「私の目玉が無いんだよ・・・」

Sさんは驚いて上手く言葉が発せられませんでした。
するとおばあさんはまたゆっくりと言いました。

おばあさん:「一緒に探してくれるかい?」

Sさんは懸命に探しました。
見つけられなかったら・・・と考えると怖くなったからです。
すると・・・おばあさんはこんな事を言いました。

おばあさん:「もし、私の目玉が見つからなかったら・・・お前さんの両足を売ってもいいかい?」と。

Sさんは怖くて怖くて仕方無かったそうですが、震える手が何かに触れました。
それは二つの・・・眼球でした。

先輩Sさん:「そこで目が覚めてさぁ」

私は背筋がぞくりとするのが分かりました。

私達はその話を聞き終わると、ホッと息をつきました。
すると先輩は言いました。
「この話ね、覚えてない方がいいよ・・・」と。

そう言われると余計頭にこびりついてしまうようで、なかなか眠れませんでしたが、何とか頭からあの話を消し、眠りました。
ところが、私もあの夢を見てしまったのです・・・。

夢から抜け出したいと思っても無駄でしたが、何とか同じように眼球を見つけ、目が覚めました。

話はこれで終わりじゃなかったんです。
私の友人のD君が、足を引き千切られたようにして、朝ベッドで発見されたんです。

D君は五体不満足になってしまいましたが、元気です。
そのD君からはこう聞きました。

「あの夢を見たんだけど・・・眼球を探してる途中でR(友人)に起こされたんだ。だから足をちぎられたのかな・・・」と。

この話は早く忘れてくださいね。