私はゴールデンウィークを利用し、家族サービスをすることにしました。
妻の希望により、家族揃って、ある有名な樹海を見に行ったのです。

しかし、樹海の遊歩道を歩いている途中、息子が居なくなっていました。
それで私と妻は息子を心配し、懸命に探したのです。
でも遊歩道には、息子は居ないようでした。
時間が経つにつれ、次第に辺りが暗くなってきます。

とうとう私と妻は、自分達だけで息子を見つける事を諦め、警察に捜索願を出しました。
私と妻が、息子に会う事が出来たのは翌日の朝です。

警察:「樹海の奥深くで、息子さんが見つかりましたよ」

警察:「どうやらお父さんと間違って、違う人に付いて行ったようです」

警察:「怪我もなく元気ですから、ご安心下さい」

警察の人は、そう言っていました。

息子に会えた時、妻は泣きながら息子を怒鳴りつけます。
私はそんな妻をなだめながら、息子を抱きかかえて喜びました。
そして息子に、「もう変な人に、付いて行ったら駄目だぞ」と言ったのです。
ところが息子は、こう言いました。

息子:「変な人じゃなかったよ」

息子:「後ろ姿がお父さんに似てて、とっても優しい人だった」

それから、数ヶ月後の事です。
いつものように家族3人で、夕食を食べている時でした。
あの樹海で「死体が発見された」と、ニュースが流れたのです。

死体は随分と時間が経っており、白骨化していました。
しかし、所持品から身元がすぐに判明したそうです。
亡くなった方の写真が画面に映った時、息子はこう言いました。

息子:「あっ、僕はこの人に付いて行ったんだ」

息子:「優しい人だったけど、お腹が空いてて寂しそうだった」

その時から私は、「山姥や雪女は、本当に居るのかも・・・」と思うようになりました。
山姥や雪女の正体は、山で亡くなった人の霊なのかもしれません。
息子が見た、幽霊のように・・・。