学生時代、スキー教室で菅平に行った時の話だ。

オレは都会っ子でな。
今までスキーなんかやったことねーし、そもそも壁みてーな雪自体みたこともなかったよ。

昼前に旅館について、まず自室に荷物を運んだ。

そのあとは飯だ。
まぁ、そこそこうまかった。

飯を食い終わったら、そのままゲレンデにバスで直行。

旅館から10分くらいだったかな。

ゲレンデの入り口にゃデカい建物があって、そこで全員スキー用具を借りるんだ。

装着が終わった班から、インストラクターについて滑りに行ったよ。

つーか軽度の高所恐怖症だったからかもしらねーが、リフトってジェットコースターより怖かったぜ。

そのまま日が下がってくる頃まで、ヒィヒィ言いながらスキーしてた。

それがきっかけでショートスキーとかやるようになったから、スキー教室って結構教育上重要なのかもしんね。

集合時間が迫ってきたこともあって、インストラクターから帰りの指示があった。

後に列をなして、8の字走行でついて来いってやつ。

最初に集まった建物からちょっと離れたとこで傾斜は無くなってるからそこからは担いで歩いた。

そのときなんだけど、前方の建物の屋根のふちに”妙なもの”が見えたんだ。

当時は今ほど目が悪くなくて、裸眼で0.6前後だったんだけど、白い屋根のふちんとこから、なんか真っ黒いのが飛びでてんの。

近づくにつれてだんだん造詣がはっきりしてきてな。

建物下につく頃にはなんだか分かったよ。
どうも手みたいなんだよね。

真っ黒い。

同じ班のやつに言ってもみえねーらしく、「馬鹿いってんじゃねー」みたいな態度取られたっけ。

生徒が全員集まって、先生が前でなんか話してるんだけど、意識と目線はずっとそれに行ってた。

だって明らかに手だし、微妙に動いてるのも気持ち悪かった。

そしたら突然その手がうねって伸びたと思ったら、屋根から生えてる氷柱が横にずれるように落下してきて。

「あ~~~~」

って声上ちゃって、みんな一斉にこっちみたけどそれどころじゃねーし。

氷柱が落ちてきた場所にはほかの学校の生徒が集まってる最中で、みんながこっちに注目した時には女の悲鳴が聞こえたよ。

どうも女生徒に当たったんだかで大騒ぎ。
1m近い氷柱がぶつかったんだから重症だったのかもしれね。

通常ああいうとこの屋根下は危険だから入れないようになってる。

もちろんその建物もなってたよ。

ただ氷柱が落ちてきたのはそこから4.5メートル横行ったとこ。

普通はそんな事故起きるはずねーし、そもそも氷柱が縦じゃなく、根元のほうを頭にして落ちてくるなんてのは絶対にねーよ。

その子が骨折くらいですんだらしい、死ななくて良かったよ。