あれは忘れもしない10年前の夏の夜のことです。

当時私は仕事に追われ、毎晩終電で帰る毎日でした。
その日も終電で最寄の駅に降り、2km離れた社員寮まで歩いていました。
いつもは少し回り道してコンビニに寄ったりするのですが、その日はそんなことは考えずに、自然に寮の方に歩いていました。

ふと気が付くと見渡す限り、私以外に人影はありません。
ちょっと気味が悪かったのですが、道には街灯もありますし、少々ビビリながらも足早に歩いていたように記憶しています。

その道は150m程度の直線道路で、歩道は片側にしかないため、私も当然のように歩道を歩いていたのですが、それは突然私の目に飛び込んできたのです。

前方100mに白い服を着た女性・・・。
私の瞳は時間が止まったかのようにその女性を見据えたままです。
寮へと急いでいるはずの足は固まっています。

「ゆ・幽霊?おいおいマジかよっ!」

私は独り言を呟きました

しかし、私の心配は次の瞬間打ち消されました。
よく見てみると50歳位のおばさんのようです。

「なんだ・・・人間じゃん!当り前か(笑)」←これも独り言

安堵し、先程まで固まっていた足も再び歩みを始めたその瞬間・・・なんと、その女性は進行方向である私に向かって急に走り始めたのです。

しかも「キャハハハハ・・・」と叫び、右手をガードレールに触れながらです。
完全に意表を突かれた私はパニック状態になり後ずさりしました。

そして彼女との距離が10mになった時、私の恐怖は最高潮に達しました。
しかし逃げ出したいのに足がすくんで動きません。
私はガードレールとは反対側の壁に背をつけて、彼女の走りを邪魔しないようにへばりつきました。

彼女との距離5mのところで私に気づいたのか、彼女は立ち止まりました。
もちろん視線は私の瞳を捕らえて離れません。

「・・・・・・・・・・・・・・・」

その間数秒、私に満面の笑みを投げかけたあと、先程と同じ様に「キャハハハ・・・」と叫びながら私の横を走り抜けていきました。

彼女が走り去った後も彼女の後姿を凝視していましたが、気を取り直して寮に帰るべく、どっぷりと冷汗をかいた背中を気にしながら彼女は夢遊病者?それともちょっと脳の弱いヒト?などと考えつつ寮の前に着きました。

この恐怖体験を早く同期の連中に話してやろうと、呼鈴を鳴らすも何故か誰も出てくれません。
通常は管理人さんがいて、玄関の鍵を開けてくれるのですが何度呼鈴を押しても出てこないんです。

少し焦ってきたその時、思い出したくもない声が遠くから聞こえます。

「キャハハハ・・・・」

「おいおい!戻ってきたのかよ!」

この時はさっき遭遇した時よりもビビリましたが、彼女は私の前に再び姿をみせることはありませんでした。
どうやら寮とは違う方向に曲がったようです。
そうこうしているうちに管理人さんが鍵を開けてくれたのですが、人生で一番ビビッた記憶です。
幽霊も怖いですが、狂った?人間の方が怖いですね。

長文で引っ張り駄文で申し訳ありません。