姉には二人の子がいて、上の子の幼稚園の入園式に祖母が行きたいと言い出した。

当時は入院中だったため、医師に相談した上で外出許可をとっていたのだが、当日の朝に熱が出て、外出の許可が取り消された。
祖母は酷く落ち込んだ。

その日は木曜日で、午後から仕事がなかった私は姉からのメールで事情を知り、祖母のフォローのため、仕事を終えてすぐ祖母の病院へ向かった。

祖母はベッドですやすや寝ていた。
顔色もよく意外にだなあと思っていたら目を覚ました。
そして、嬉しそうに夢の話をした。

祖母:「夢の中で花子(姉の上の子)の幼稚園の入学式に行っていたのよ。花子も私の方に気づいてニコニコ笑ってくれた。黄色い幼稚園の帽子がとても似合ってたわ。」

祖母:「姉子に抱っこされていた太郎(姉の下の子・当時1才)も私に気づいて、『ぐーまぐーま』って、私を呼びながら笑いかけてくれたわ。夢の中でも凄く嬉しかった。」

祖母:「ただ、さすがに夢というだけあっておかしなところもあって、何故か姉子の旦那が黄色いスーツを着ていての。真っ黄色のスーツなんて、漫才師じゃないんだからねぇ・・でも、夢の中でも入園式にいけて、嬉しかったわ」

それを聞いた私は、落ち込んでないようで一安心。

しばらく祖母と話をしていると、姉から連絡があった。
『本当は今から花子を連れて後そっちに行きたいけど、旦那側の親が来ていてそちらに行けそうもないから、ばーちゃんに写真だけでも見せておいて。日曜には行くから』と画像が添付されたメールがきた。

新しい制服を着た花子の満面の笑みの写真。
そして、家族全員で『入園式』と書かれた門の前で撮った写真。

・・・・あれ?と思ったのは、姉の旦那がお笑い芸人のような黄色いスーツを着ていたから。

姉に「何これ?」と確認をしたところ、姉は「これねぇ~(笑)ここ数年、筋トレしすぎて結婚した時に持っていたスーツが全部着れなくなっていたの。しかも今朝それが発覚して大騒ぎ。他にスーツがなかったので仕方なく着たのよ~前から何度も、念のためスーツを着てサイズ確認しておいて、と言ってたのにアジャスターがついてるから大丈夫、とか言って着なかった結果がコレ。ホントどうしようもないよね~」

私:「ばーちゃんに連絡した?ばーちゃん夢の中で黄色いスーツを着た旦那を見たと言ってたけど・・・?」

姉:「ばーちゃんが知ってるわけないよ~。このスーツ、去年の友人の結婚式の余興用に買ったもので、一度着た後タンスの中にずっと入ってて、ばーちゃんはスーツの存在すら知らないし。・・・そういえば、花子が今日ばーちゃん来てたよねと言ってたよ。似たようなお婆ちゃんを見かけて勘違いしたのかな、と旦那と話してた。あと、太郎も途中で『ぐーまぐーま』と窓の方見てニコニコ笑ってたけど・・・もしかしてばーちゃん、あまりの来たさに魂だけ来ちゃったのかなあ」というやり取りを姉とした。

祖母は霊感も無いし特別な能力も無い。
でも、そんな人間が『ひ孫の入園式に行きたい』という強い気持ちだけで、そんなことができるんだとしたら・・・。

人間って案外簡単にいろんなことが出来てしまうんじゃないか?
死ぬ瞬間の生への執着や強い思いがあれば、本当に幽霊があちこちにいるんじゃないの?

私のように霊感ゼロの人間には見えてないだけで、本当はあちこちに死者の幽霊や生霊がいるのかも・・と思うとちょっと怖くなった。