私が3才くらいの時の話。

和室に1人でいる時に、何を思ったのか下敷を上に投げてはキャッチする、みたいなことを繰り返して遊んでいたら、うっかりタンスとタンスの隙間に入り込んでしまった。
取ろうと思ってとりあえず隙間を覗いてみたら、格子のような影が見えて、その向こうに影絵のように宴会かなにかをしている様子が見えた。

影絵のようにって言うのは、全体的にオレンジ色の光に包まれていて影しか見えない感じ。
その様子を眺めている時は基本、その宴会のどんちゃんした感じの音しか聴こえなかった。

例えば、外でどれだけ虫が鳴いていても宴会の音しか聴こえなくなる、みたいな。
でもその後、母がご飯に呼んでくれる声は聴こえたから、私を呼ぶ声は聴こえたのかなと思う。

タンスとタンスの隙間を眺めている時の、まるで別世界にいるような感覚は今でもはっきりと覚えている。
小さいながらもその感覚が不思議だったのと、宴会の様子が本当に楽しそうだったので、暇があれば私はその隙間を眺めていた。

その隙間を発見して一ヶ月後くらいだったと思う。
父の仕事の都合で引っ越すことになった。
引っ越した先では、タンスとタンスの隙間をみても何も見えなくてがっかりした。

それから私も大きくなって、アレは小さいときにみた夢だったのかな?、と考えるようになった。
けれど最近姉にその話をしたら、姉は同じ場所でこちらに向かって手を振る女の人を見たという。
でも引っ越しのときに見たけど「あそこ普通に壁しかなかったんだよね」とも言われた。
私と姉で見たものは違うけど場所は同じっていうのが不思議だ。