部室にロッカーがあった。

部員も少なく小さい部室だったので、ロッカーは10個ぐらいしかなかった。
その中で1つ開かないロッカーがあった。

新学期を迎える前に部室移動することになった。
部員総出での部室移動。

順調に作業が進み、ほとんど全ての移動が終わった。
その中で開かないロッカーは残っていた。

『開かないんじゃあ、使えないと同じだな』

先生の一言でロッカーは外の粗大ゴミ置き場に放置された。

移動が終わった後に数人で粗大ゴミ置き場に向かった。

どうせ持っていかれてしまうなら・・・と、その前に自分達で開けて見ようと思った。

何とか開けようと奮闘したのだが・・・一向に開かない。

彼是30分ぐらいやってた。

もう開かないならいいか・・・と思い帰ろうとした時、『ゴドン!!』と音がなった。

ロッカーの扉が少し開いていた。

友達が恐る恐る近づいて蹴りでロッカーを開けた。

・・・何の変哲も無い、普通のロッカーだ。

錆びてて開かなかったのか・・・?

何か入って無いか友達がロッカーを探る。

天井に何か張り付いているのを見つけた。

『ベリッ・・・』

嫌な音がした。

ノートが張り付いていた。

中を見てみると、奇妙な絵が描いていた。

パラパラとしか見なかったのだが、どことなく不気味な感じがした。

最後のページに「ア・・・ジンニクキタ」と赤い文字で書かれていた。

ノートは「面白そうだ」と友達が持って帰った。

1週間後、彼は死んだ・・・。