ある田舎の高校1年生くらいの少女が、誕生日祝いに親に携帯電話を買ってもらった。
その子はとても喜んだが、その頃は携帯があまり普及していなく、また田舎ということもあり、少女のまわりの友達は誰も携帯電話を持っていなかった。

しかし、あるときその子の携帯に一通のメールが届いた。
その内容は『メル友が欲しくて、適当に番号を入れて送ってみました。良かったらメル友になってくれませんか?』というものだった。
その子は当然喜び、その申し出を受け入れた。

その日からその子はそのメル友と毎日のようにメールをしていた。
そのメル友は男の子で、高2だということで、歳も近いその男の子に、少女は次第にひかれていった。

しかし、その男の子とはテレビや学校の話はするものの、どこに住んでるのかとかは不明だった。
男の子はあまりそういう話をしたがらなかったのだ。

それで、ある日少女は意を決して男の子にメールで聞いてみた。

『声が聞いてみたい。それに、直接いろいろな話をしてみたい』

そんなようなことを。

男の子は、しばらく間を開けた後『僕も直接話してみたい。今日の夜8時頃に電話するよ』というメールを返した。

女の子はとても喜び、どんなことを話そうかいろいろ考えながら8時を待った。
それから、8時を少し過ぎたところで男の子から電話がきた。
女の子は、男の子との初めての電話をまた後で聞き返したいと思い、録音機能を使いながら会話をしていた。
男の子との会話はとても楽しく、ふと気が付いたら9時半をまわっていた。

女の子は『もうこんな時間だ。また今度話をしよう』と、そこで会話を切った。
女の子は楽しかったな・・・と、男の子との会話を思い返していたが、なぜかあまりよく思い出せない。とても楽しかったことだけは覚えているのだけど・・・。

そうこうしている内に、初めての電話という緊張から解かれた為か、眠くなってきてしまった。
今日はもう寝よう、と10時すぎには就寝していた。

突然、『あんた何やってんの?!!』

と、母親の怒鳴り声がして女の子は目を覚ました。

女の子は2階の自分の部屋の窓から転げ落ちる寸前だった。
時計の針は2時を指している。

母親は女の子の部屋からやたら物音が聞こえるのでみにきたのだった。
女の子はなぜ自分が窓の手摺りを乗り越えようとしてたのか分からなかった。

ふと、男の子との会話が気になった。
たしか録音してたはずだ、とその会話を聞いてみた。
その携帯に残っていた会話は、これだけだった。

『お前は今夜2時に窓から落ちて死ぬ。お前は今夜2時に窓から落ちて死ぬ。お前は今夜2時に窓から落ちて死ぬ。お前は今夜2時に窓から落ちて死ぬ。お前は今夜2時に窓から落ちて死ぬ。お前は今夜2時に窓から落ちて死ぬ。お前は今夜2時に窓から落ちて死ぬ。』