コンビニで立ち読みしていた時。
その時、理由もなくイライラむしゃくしゃした気分だった。
俺のすぐ隣にはコピー機があり、おじいさんがコピーしようとしていた。
でも、インク切れだか紙詰まりだかでうまく動かず、店員を呼びに行った。

何を手間取っているのかなかなか帰ってこなかったので、おじいさんが置き去りにしていった原稿(コピー機の上に置きっぱなしだった)を見てみたら、子供のものらしい字と絵。
その絵が妙に可愛くて和んだので、そのまま持って帰ってしまった。
で、家に帰ってからバレたらまずいと思って、よ~っく見た後に捨ててしまった。

数日後、そのコンビニに行ったら、チラシが張ってあった。

『コピー機から子供の手紙を持って帰ってしまった人へ。あれは、字が書けるようになった孫がくれた最初で最後の手紙で、あれしかありません。孫は病気で亡くなったので新しく手紙をもらう事も出来ません。どうか返してください』

あれほど自分のした事を後悔した事はない。
まさか、そんな大それたものとは・・・普通、想像しませんよね・・・。

その後も、おじいさんと奥さんっぽい女性の姿を何度か見かけた。
店員と馴染みだったので聞いてみたら、子供の両親も何度か来たそうだ。

おじいさんは泣きながら「返してくれ」と言っていたらしい。
亡くしたら困る大事なものだからコピー取っておいて、原本(本物の手紙)は大事にしまっておこうと思ったんだって。

自分が軽い気持ちでした事がどんなに人を傷つけたか。。
取り返しのつかないことをしてしまったと自分を責めました。
それ以来、どんな小さくても人を傷つける悪戯はしていません。
墓場まで必ず持っていかないと。