ある本に載ってた話なんで、知ってる人もいると思いますが・・・。

ワープロがPCにその座を追われる事がなかったころの出来事。
ある人が中古のワープロを買って来ました。

最初はなんの異常もなく、普通にワープロとして使っていたそうです。

が・・・・ある日、ふと夜中に目が覚めてみると、電源を切ったはずのワープロの画面に灯りがともっています。
そしてその画面には、なんの意味もない・・・そう、例えば幼児がでたらめにキーボードを叩いたような
「;ldhgしgckvん;うhrgtrふggsjkdhgh;k」というような具合に表示されていたのです。

彼は不思議に思いながらも、電源を切ってそのまま寝てしまいました。
時計を見ると午前二時四十分。

皆さんお察しの通り、次の日も、その次の日も、それは延々と繰り返されます。
決まった時間に、何日も・・・。

そしてある日、いつものようにその現象はやってきました。
が、いつもと少々様子が違います。

「オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ」と、「オ」だけがいくつも連なっています。

見ている目の前で、1文字ずつ増えていくのです。

そして・・・。

「オマエ」

彼は慌てて電源を切り、布団の中で朝を待ったそうです。
時計を見ると、二時四十分。

次の日彼は、そのワープロを質屋に売り飛ばしたそうです。
そのワープロは、今でもどこかで、新しい持ち主を待っているかもしれません。
どなたか心当たりはないでしょうか・・・?