あれは、俺がまだ高校生だったときの話だ。
その日、部活で遅くなった俺は同じく委員会で遅くなった幼なじみの女友達(M)と共に通学路を歩いていた。

「帰ったら親父に怒られるだろうな・・・」

「うん・・・でも、事情を話せばきっと分かってくれるよ」

そんな事を話して途中で分かれて少し歩いた時、俺の目の前にバス停の標識が目に入った。

そうだ・・・ここから俺の家の方へバスが走っているんだった。
いつもは目もくれないのに、その日に限ってバスに乗る気になった数分後、バスがやってきた・・・だが・・・そのバスは昭和初期に走っていたようなどう見ても古臭いバスだった。

こういうのもまだ走っているんだな・・・。

そう思いながらバスに乗り込んだ。
添乗員がハンドルを回してドアを閉め、やがてバスはゆっくりと走り出した。

暫くして俺は気付いた・・・。

バスは、俺の家とは反対の方へ走っているのだ。

どうしてだ?
出発するときは確かに俺の家の方へ向かって走っていたはずなのに・・・。

やがてバスはどんどんと走り続け、次第に山道へと入っていった。
遂に、自分はどこにいるのかも完全に分からなくなってしまった。

何でだ・・・何で・・・。

最初は動揺していたが次第に冷静さを取り戻してきた。
その瞬間、俺はあることに気付いた。

幾ら田舎でも、こんな古臭いバスなど走っているわけがない・・・。
そして、あることを思い出した俺は背筋が凍りついた。

そうだ・・・ここ数日はバスの一斉点検のためにここの区間は運休しているんだ。
だからバス自体走っていることがありえないんだ。

車内を見渡したとき、俺は見てしまった。
車内にいる乗客、添乗員が全員俺の方を見ていたのだ。
運転手も、首を180度回転させて俺も眺めている。

俺は悲鳴を上げて気絶した。

「・・・ちょっと!?しっかりしてよ!しっかりしてってば!」

そんな叫び声で俺は正気を取り戻した。
気付いたとき、俺はバス停の標識の前で倒れていた。
目の前では、Mが半泣きになって俺の名前を呼んでいる。

・・・しかし、何でMがこんなところにいるのだ?

暫くして話を聞くと、俺と分かれて歩いていると、突然後ろの方から悲鳴が聞こえたらしい。
慌てて元来た道を引き返すと、バス停の標識の前で俺が気絶して倒れていた。

その後は、特別霊体験と呼べるような出来事も起きていない。
ただ、俺はあれからバスが嫌いになってしまった。