先日、大学時代の友人に呼び出され、スタバで会った時の話。

友人は学生の頃からカメラが好きで、フリーのカメラマンとなった今では自宅で現像なんかもしてるらしい。

フリーのカメラマンと言ったら聞こえは良いが、リーマンな俺からすると、フリーターみたいなもんで、自分で撮影した景色や芸能人の写真なんかを雑誌社に買ってもらうような感じで、とても定職とは言えない。

そんな友人が俺に一枚の写真を見せてくれた。
先日、その友人が自宅にいる時、何かが衝突するような物凄い轟音を聞いたそうで、「事故だ!」そう咄嗟に思った友人はカメラを片手に表へ出た。

現場は友人のアパートのすぐ近くの交差点で、電信柱に激突した車の単独事故らしい。
この交差点は事故が1年に1度くらいの頻度で起きるとの事だ。

運転席側のドアがひしゃげ、外からでも運転していた女性の上半身が見えていた。
女性は既に意識は無い模様でハンドルに突っ伏していて顔や表情は見えない。

友人はその事故の光景を数枚角度を変えてカメラに収めた。
誰かが呼んだらしい救急車と警察がやっと到着したが、女性は意識が無く、車内の血らしきものの量から、”きっと助からないだろうな”と友人は思ったそうな。

こんな写真は安くしか売れないだろうと思ったそうだが、た友人は早速現像を開始した。
少しずつ鮮明になる写真を見た友人は、酷く驚いたそうだ。

そんな話をしながら、友人は1枚の写真を俺に見せた。
それは不気味な写真だった・・・。

車を運転席側の方(側面)から撮影した写真で、運転席の女性が写っていた。
両腕をハンドルにかぶせるような感じでハンドルにもたれかかっているが、その女性の表情だけは睨みつけるようなカメラ目線。

それだけでは無く、友人は他の写真も狭いテーブルの上にひろげた。
全て同じ写真だった。
全てのその写真の女性がこちらを睨みつける写真。

気味悪くなり、友人に「何故同じ写真を何枚も現像したのか」と訊ねた。
友人が言うには、同じ写真を現像したつもりは無く、他に色々な写真が(景色とか)収められてたはずのフィルム、しかし、そのフィルム全てがこの女性の写真にすり変わっていたという事だった。

気味が悪いのでお寺に持って行きたいという話で、一緒についてきて欲しいと言う相談だった。
・・・俺は変な事に巻き込まれたくなくて、友人の誘いを断った。