地元にあるお化け屋敷の話。
昔強盗殺人が起きた・・・とかで有名なとこ。

被害者が母子家庭だったって噂もあって「未亡人の家」なんて呼び方もされてたかな?

話によると犯人は包丁を持って家に押し入り、母と子をメッタ刺しにして殺した後、家の中をゆっくりと模索。
しかし、その家は裕福な家庭ではなく大した金目の物もなかった。

そこで犯人はサイフと母親の結婚指輪だけ奪って逃走したんだって。
で、ここから友人が俺に聞かせてくれた。

数年前にあのお化け屋敷に肝試しに行ったんだよね。
AとBとCと四人で皆で集まってさ、玄関まで行ったはいいんだけど急に強く雨が降ってきて、もう肝試しって空気じゃなくなったんだ。
そのまま皆で雨宿りしてるときに俺、皆をビビらせるために「うわぁ!!」ってデカイ声で叫んだんだ。

そしたら皆一目散に車に逃げたんだけどAがぬかるみでこけて泥だらけになっちゃったんだよ。
で、そのまんま帰ることになったんだ。

車ん中でAのヤツ皆に笑われて「マジふざけんな」とか怒ってた。
仕方ないから俺の車に積んでたタオル貸してやったんだ。

そしたらさ、さっきまで赤くなって怒ってたAが急に青ざめてんの。
「どしたのよ?」って聞いたら「コレ・・・」って・・・自分の足首指差して言ったんだ。

それ見て皆、声出なくなったね。

手形がついてたんだよ・・・あそこの幽霊の・・・。

え?なんで分かるのかって?
だって無かったんだもんよ。
薬指。