去年くらいでした。
放課後と言うにも遅い時間、大体7時ちょっと前。
会議がひと通り終わって、職員室でマターリ。
もちろんこのまま帰っちゃってもいいんですが、まあテストの採点でもするか、と机見たら赤ペンがない。
ああ、教室に置いてきたなと。

教室は以前にも投下したように2階にありますが、節電のためか廊下には非常口のミドリ色しか明かりがないんです。
でも暗くなってきたとは言え近いし、めんどくせえので、そのまま直行。

迷うはずもなく自分の担当教室に着いて、電気をパチリ。
外はだいぶ暗くなってきて、反対に教室は電灯で明るいもんだから、窓ガラスに教室の様子がくっきりと映っています。

そのときは気付かなかったのですが、机の引き出しを開けて赤ペンを取り出し、閉めて鍵をかける。
はい終了、と思ったらようやくおかしなことに気が付きました。

帰りの会をやって、子供たちがいなくなる。
で、カーテンを閉める。
電気を消して、ドア閉めて、それからずっと入った人はいないはず・・・。

そのカーテンが全開になってるんですね。
だから窓ガラスに教室の様子がうつっていた、と。
それはまあいいんです。
問題は、そのガラスに映っている教室。

子供たちの机に、ズラッと人が座ってるんです。

慌てて教室を見まわしても、誰もいません。
当たり前です。
でも、いるんです。

私は近くの窓ガラスを開けてみました。
外の風が存外に冷たく、ベランダには誰もいないことを確認してから、また閉めました。

やはり映っているんです。

クラスは31人ですが、そのすべてに知らない人が着席しています。
全部を見たわけじゃないのでなんともいえないですが、全員男、それもおっさん。
なぜかスーツにネクタイ、頭全部が白髪で、どう見ても生徒じゃない。
うつむいて、微動だにせず、ズラーッと並んでいます。

なんだコレ・・・。

私は霊感とか幽霊とかはよく分からないです。
ホラーは好きですが、それも趣味の範囲内の事。
ですから、その時もなんだこれ、なんだこれ、と思うばかりで恐怖は感じませんでした。

窓ガラスには確かに映っているのに、現実には誰もいない。
イスだって、閉めたままです。

そこで私は、ガラスに映っているそれを見ながら、手にある赤ペンをそおっと突き出したんです。
1番前の席に、座っている(ように見える)おっさんの頭に、赤ペンがずぶっとめり込みました。

赤ペンは確かに頭に埋まっているのですが、でも手には何の感触もありません。
ますますわけ分からなくなって、右に左に振ったり、さくさくすぽぽんとピストン(なんだかヒワイだなあ)してみましたが、何の反応もなく、そのおっさんもずっとうつむいたままでした。

・・・と思ったら。
いきなり顔を上げたんです。

赤ペンの位置は変わっていないから、もろに目玉のあたりに突き刺さっている形。
うおッ、と思って視線を戻すと、やはり何もないんです。
ここに来てなんだか心臓がどっくんどっくん。

もしかして、これまずい?
横目でガラスのほうを見ると、絶句しました。

こっち見てるんです。

しかも、全員が。

赤ペン突き刺していた1番前の人も、普通に考えるなら横顔のはず。
だって、私を見上げてる形になるんですから。
窓のほう向いたって、私はガラスの中にいるわけじゃない。
なのに、全員が窓のほうを向いているんです。

心臓の鼓動が早くなってきました。

どっくん、どっくん、どっく、どっく、どっく・・・。

彼らは怒っている風でもなく。
無表情なんだけど、こっちに気付いてるってのがすごく怖かった。

ゆっくり赤ペンを戻し、視線をドアのほうへ。
何気ないふりを装って、そっと歩き出す。
で、・・・ドアのところまで来た。
そして、ここが自分でも不思議なんですが、最後にチラッと振り返ったんです。

・・・すると、窓に映っているのは沢山の後頭部。

こっち見てるんだ!

見た&理解した瞬間、もうたまんなくなって廊下をダッシュ。
階段を下りて職員室へ。

他の先生たちがお茶飲んだり談笑しているのを見て、ふはーっと息をつく。
そして1人の先生がこっちに来る。

な、何?と思ったら「鍵閉め点検いってきまーす」と。

あ、あ、あ・・・。
とっさに出たのが「あの、ウチの教室、閉め忘れてたかも」

「あ、そうですか。じゃあみてきますね」

それだけ聞くと、すぐさま帰り支度をして、「キ、今日はこれで。お疲れ様でした、お先に失礼します」、はーい、うぉーい、おつかれーと言う返事も無視して帰宅まっしぐら。

翌日、見回りに行った先生が・・・。

「あの、○○(私)先生・・・。」

「見たの?」

「え・・・はい」

「何も言わんといて。私もよく分かってないから。すんません」

「でも・・・あのおばあちゃん達って」

おばあちゃんって誰ですか?

ご清聴ありがとうございました。