むかし某中古車オークション会場で働いていた。

とあるワゴン車のセリが終わって数日後のこと。
クレーム処理課の電話のベルが鳴った。
クレームのほとんどが中古車であるが故の装備品の不備や故障、もしくは書類の不備やミスである。

おおよそのマニュアルが決まっているので内容により、いちゃもんに近いものはお断りし、こちらの不備に対しては謝罪し訂正し、車両の不備については出品者の負担。
つまりお金で解決をする。
イレギュラーなこともあまりないので即座に判断して調査や対応していた。

しかし、今回は違った。
受話器を取ると、そのクレームは怒っているわけではなく、どこか怯えたような細い声だった。
その細い声は、「ルームミラーに女性が映る。」と告げた。

聞いた瞬間は意味がわからなかった。
いたずら電話に近いものかとも思った。

不可解な電話を邪険にすることもできず、とりあえず話を聞くことにした。

「ミラーに、女性が映る。見間違いではなかった。きみがわるいから返品してほしい」

・・・とのことだった。

初めてのケースだったので一度電話を切り、上司とも相談し、お客様と少しもめたが後日、会場側で買い取ることで応じることにした。

通常クレームによって買い取った車は後日セリに出品される。
このワゴン車も例外ではなく、通常通り調査後に出品され某中古車チェーン店に落札された。
車歴に元霊柩車の追記をされて・・・。

今でもどこかでミラーに女性を乗せたそのワゴン車は走っているのかもしれない。