あるクリスマスの夜。
町は華やかに色づき、音楽が響く。
クリスマスカラーが柔らかく反射した道にはプレゼントを抱えた笑顔の子供が歩き町に笑顔が溢れる。
そんな聖なる夜にレンガ作りの美しい家から喧嘩のする声。

それは、ある幼い兄弟の喧嘩だった。

兄:「お前はそれで良いのか!?」

兄の責め立てる声が響く。
その内容は、両親から貰ったクリスマスプレゼントについてだ。
兄はプレゼントに欲しかった自転車とパソコン、今流行りのゲームを貰った。
しかしさほど歳も離れていない弟には小さな小さなミニカー1つ。

兄:「俺はこんなに貰っているのに!何で怒らないんだ!?歳もそんなに違わないし、おかしいじゃないか!」

弟想いの兄は、弟に責めるように問い掛ける。
しかし、弟は「・・・僕はこれで大丈夫だから。」の一点張り。

兄は悲しくなった。
こんな理不尽に怒りを覚えない弟に「どうしてだ!うちは貧乏な訳じゃないし、お前だって自転車欲しがってた!ゲームもやりかだってた!理由を言えよ!」

すると弟は無表情に重い口を開いた。

弟:「だって僕はガンじゃないからまだ生きれるし」