電波稼業は霊を呼びやすい関連ですが、その日も小さな編集室でスタッフ3人、VPの編集をしてた。

そのスタジオはやや縦長の部屋で、入り口入って右半分がモニターと編集機材、反対側にはテーブルと無人のソファー。
テーブルの上にはしけもくが2、3本転がった灰皿が一つ。
入り口から見て突き当たりの壁側にはMacとWindowsが並んでた。

繋ぎは概ね終わってて、テロップ確認しながら乗せたり場面転換のタイミング調整したり、そんな細々なことやってた。

てっぺん回って1時近くだったかな?
自分たちにはまだ宵の口って気分の時間帯、ちょっと前に遅い飯を食べてまだ休憩気分を残したままだらだら作業してた。

編集機の前にはオペレーターが1人。
その隣に椅子持ってきて並んで自分も一緒にモニター覗いてた。
アラサーの女ディレクターはその間暇つぶしに壁際のMacでネット。

そこの編集室って普段天井の電気つけないんだよ。
フットライトが入り口にあってテーブルの上に小さなライトがあってそんだけ。
モニターたくさんあってそれで足りるって感じ。
人の顔にモニターの明かりが反射してて、部屋の四隅は影に沈んでるのね

で、斜左後ろの位置になる女ディレクターをほったらかしにしてテロップが一通り乗ったことチェックしてたら急に女ディレクターが「ぅわあぁ!!!」って叫んでマジで椅子ごとひっくり返ったの。

「何だ?どうした?!」って駆けつけたら、「今、話しかけられた」って言うの。

額に汗とか浮かべてマジで震えてて・・・。

なんかね肩越しPCの画面覗き込んで回転数おかしくなったようなゆっくりとした低い男の声で「ぬぁ~にィ~見ィて~るゥ~のォォォ~~」って聞かれたんだと。

その人自称視える人だったので「またまたぁ~w」って適当に流そうとしたんだけど、あんまりにも真顔で涙ぐんだりしてるもんだから流石に自分らも、こりゃ雰囲気変えないとってなって思った。

で、オペレーターが「ハンディ回せばよかったねw」とか笑ってカメラ構えてみたりして何の気なしにソファーの方にカメラ向けたら「わあ!」って。

「なんすか、マジやめてくださいよ~」

「あれ、だって、なにあれ!」

オペレーターが指差した先ソファーのシートが窪んでんの。
それがゆっくり戻ってく・・・。

自分ら3人しかいないのにタバコの香りがプンとして・・・。

慌てて入り口に走って部屋中の電気つけたよ。
あんな明るい部屋で編集したのはあの時だけだったなw