現代百物語って本にあった話。

同じ音楽専門学校に通っている美人とブスがいた。
美人はあまり才能がなく、ブスは才能があった。
皆が「ブスさんの才能で美人さんの容姿だったら最高なのに」と、失礼な事を言ったがブスは飄々としていた。

美人は姉御肌な性格で、ブスの才能に惚れ込んでいた為、ぼろアパートに住み低賃金のバイトのブスを気の毒に思い、自分のマンションに住まわせ、自分がバイトしているキャバクラはどうか?と、連れて行った。

しかしキャバクラの店長はブスに「あんたには勤まらない。裏方なら・・・」と言う。
美人は気まずく思ったがブスは「気にしてない」と言った。

それからしばらくして美人の家に警察がやってきた。
そこで衝撃的な話を聞かされる。

美人が留守の時に自宅に強盗が押し入り、居合わせたブスは強姦されてしまった。
しかしブスは警察に届けなかった。
それどころか犯人にこう告げた。

ブス:「もう一度来て。美人の子がひとりになるように仕向けるから、強姦していいよ、殺してもいいよ」

強盗は別件で逮捕され余罪を吐いた時、その話がでたのだ。

美人はブスを問い詰めた。
ブスは「あんたが悪いんだ。私を下に見るあんたが一番嫌いだった」と告げる。

話の最後に著者は、同じ女として美人さんの衝撃は苦しいが、ブスの気持ちもわかる気がするのが嫌だ・・・って締めくくっている。