3人の兄弟が海で遊んでいるときに沖まで流されてしまった。

3人は必死に船を漕いで陸を探し、命からがら1つの小さな無人島へ漂着することができた。

長男:「とにかく、食べ物と飲み物を探しに行こう」

長男が提案し、次男と三男もそれに同意した。
三人は生きるために食べ物や飲み物を探し、数日間生きながらえることができた。

しかし、一向に助けが来る気配はなく、3人は不安になるいっぽうだった。

そんなある日、長男が無人島に流れ着いたランプを見つけた。
ランプのフタを開けると煙が立ち込め、それは大きな魔神の形になった。

魔神:「願いをなんでも叶えてやろう、しかし同じ願いはダメだ。もし同じ願いを言ったらそいつは俺が食べてしまおう。」

魔神はそういった。

まずは長男がお願いをした。

長男:「うちへ帰りたい」

次の瞬間、長男は自分の家へ帰っていた。

次は次男がお願いをした。
帰りたい気持ちは同じだったが、同じ願いはNGなので、「うちの風呂へ入りたい」とお願いした。

次の瞬間、次男は自分の家の風呂にいた。

最後に三男、「2人に会いたい」

次の瞬間、長男と次男はもとの無人島の三男のとなりに帰ってきていた。