この連休で親戚のおっちゃんと会って聞いた話。
山菜狩りが趣味のおっちゃんがいるんだけど、そのおっちゃんが去年体験した事らしい。

去年の連休は多めに休みを貰えたとやらで、普段登っている所ではなく、遠方に足を伸ばして目新しい山菜が採れないかと旅行がてら初の山に行った。
だけど、初めての山は勝手が違ってなかなか良いポイントが見つからない・・・。

そこそこは採れたが普段の半分もない状況でちょっとがっかりしていたとき、黒っぽいキノコを見つけた。

葉物は詳しいがキノコは言うほど詳しくないらしく、触って害のあるものかどうかも判らない・・・。
悩んでいた時後ろから「それ美味いよ」と高めの声がかけられたのだという。
振り向くと垢抜けていない田舎の子といった風情の男の子がこちらをじっと見ていて、「ぼく、この辺に詳しいのかい?」と、おっちゃんが聞いたら「ずっとこの辺に住んでんだ」と答えたという。

親戚のおっちゃん:「これ美味しいのかい?」

男の子:「父ちゃんがよくとってる」

なら少なくとも触れるキノコだと思い、キノコを採って袋に入れた。

親戚のおっちゃん:「ぼく他にいいポイントあるかい?」

男の子:「ちょっとだけ教えてあげれるよ」

そんな話をしながら導かれるまま次のポイントに移動した。
移動先には先ほどのキノコが沢山成っていて、たまに見覚えのあるキノコもあったようだ。

「ありがとう、ありがとう」とお礼を言って、黒いキノコと見覚えのあるキノコを採った。

ある程度残しておけば来年も採りに来れるらしく、適度に採って帰る気になったらしい。
そのとき男の子に体力回復用に持っていた駄菓子を数個お礼にあげたという。

それを見た男の子が、顔をクシャっと眉間にこれでもかとしわを寄せて笑ったんだと。
口は笑ってるのにぞっとする顔で、「今日教えたキノコは食えないキノコだよ」と言い走ってどっかに行ってしまった。

おっちゃんは驚きと土地勘がない所で走って追いかけるのも得策ではないと思いそのまま山を降りた。

下山して色々調べたところ採ったキノコは全て毒キノコだったらしい・・・。

親戚のおっちゃん:「子供の無邪気さは怖い。けどあれが本当に子供だったかどうかは判らない」

そう言って、今年は馴染みの山だけ行った事を教えてくれた。