毎年深夜にやってる夏の高校野球を特集する某番組、好きで毎回見てるのよ。
その番組は甲子園大会の最終日に必ず主題歌と共に高校球児の奮闘を感動的に演出するエンディングを流しててさ、それは狙いすぎな演出とか言って批判する人も多いけど、俺は録画して見返すほど気に入ってる。

4年前も同じように録画の準備して番組を見てたんだけど、違う映像が流れた。
いや、それが違う映像って知ったのは後日なんだけどさ。
聞いたことも無い暗めの音楽と共に高校野球の映像が淡々と流れるだけ。
選手のインタビューとか泣いてるシーンとかは一切入っていない。

まあその年の前年までは番組主題歌とエンディングの曲が違うってのが普通だったし、その映像にさほど違和感は抱かなかった。

しかし、間も無く問題のシーンになる。
女の人の顔が正面を向いた状態でアップになったまま映像が止まった。

初めは観客席の女の子かマネージャーorスコアラーの子かな?と思っていたがそれにしては生気の無い顔。
泣いてたり笑ってたりという表情も一切表れていない。
いや、映像の中の女の子は瞬きすらしなかった。
見ているうちに不気味に思えてきたのでテレビを消して就寝。

次の日の朝、録画してあった番組も何か不穏なものを感じたので消去。
後日、その年の番組のエンディングを改めて動画サイトで確認。
やはり自分が観ていたものとは全く違う映像であった。
つまり、自分が観ていたものは何か違うものだったということ。

あの女の子が誰だったのか未だに分からない。
みたいなオカルト的なオチも全く無し。

何故ならその女の子の顔は数週間後にネットかテレビで見たある事件の死亡者の顔写真と一致していたから。
まあその子が何でうちのテレビに出てきたんだってのは疑問だけど。

ただ、あの年の番組のエンディングは本当に完成度が高かった。
今、野球チームのS武に所属しているK池Y星投手の世代でさ。
静岡代表の選手と大分代表の選手の熱いライバル的なシーンでは鳥肌もんだった。

テレビで見たかったのに見れなかった。
俺的にそっちの方が許せない。
あの女の子が何で高校野球の映像の邪魔をしに来たかは分からないけど、今度また現れたら文句言ってやろうかと思う。