忘れもしない小3の頃。
田舎住みの私と、幼馴染で家族ぐるみの付き合いの大地君(仮名)は、いつも2人で廃墟や森の探検に出かけていた。
その日も山に出かけた。

チャリを山の入り口に停めてハイキングコースを歩いていると、コース脇に獣道発見。
2人でワイワイしながら進むと、雨水を溜めるようなダム?のような場所に出た。

もう使われていないのか蔦でぐるぐる巻きになってた。
寂れたハシゴがかかってあって、中を見てみようと私が先頭に登り、中にはどうせ枯葉や虫で汚いんだろーなと思っていたら、中には真っ白い雲みたいな綿みたいなものが敷き詰まっていた。
2人でヘリに立って「なんだこれー」って言って綿を触ろうとしたら、今まで無風だったのに突然後ろから強風が吹いて、2人して中に落ちた。

顔から落ちたのに全然痛くない・・・モッフン!って感じ。

「大地君、大丈夫!?」って聞こうと思って起き上がったら、目の前に二階建ての家くらいありそうなデカいキツネが座って、ニンマリ顔でこっち見てた。
恐怖よりもびっくりしすぎてポカーンってなった。

そしたら、横にいたらしい大地君が私の手をガッとつかんで「落ちてごめんなさい!!」って叫んだ。
大地君の手が震えているのがわかって、私も「ごめんなさい・・・」ってポカーンが抜けないままマヌケな声で言った。

キツネはニンマリ顔(にみえる)のまま体の向きを変えて、デカいしっぽをこちらに押し付けてきた。
すげぇモフモフうわわわーってなって、なんか腹か喉の鳴るような音が聞こえて、ハッと気が付いたら真っ暗なハイキングコースでへたり込んでいた。

「今の何!!??」

と2人同時に向き合って叫んで、その瞬間安心して涙がブワッと溢れて、2人で手を繋いで泣きながらハイキングコースを歩いて戻った。

昼の14時くらいだったハズが、大地君の腕時計を見るとなぜか夜中の0時半前になっていた。

山を降りるとパトカーがあって、親族勢ぞろい。
私達の姿を見ると、私のオカンと大地君のお母さんが泣きながら突進してきた。

オカン:「どこ行っとん何かあったんかと思って生きた心地せんかったわバカタレ!!」

顔をぐしゃぐしゃにして抱きついてきたオカンを見て、私もごめんなざぁぁいと大泣き。オトンはへたり込んで泣いてたw

家に帰って経験した出来事を伝えた。
どうせ信じてくれないんだろーな、という気持ちだったが、なぜかオカンと大地君お母さん、祖父母、それとおじいちゃんおまわりさんが信じてくれた。

オカンと大地君のお母さん曰く、山を降りて抱きしめた時、なんか獣の匂いがしたのと動物の毛があちこちについていたから、らしい。
おじいちゃんおまわりさんは、今まで何度かその山でソレを見たという人がいたらしい。

後日お供えに行ったら、ダムっぽいものがなくて原っぱになってた。